偏差値テラスで活躍する中の人紹介

2017年3月、主に大学生を中心となってスタートした大学偏差値テラス。
各大学の偏差値データ・入試データを中心に大学入試に必要な情報を集めてきました。

そして2019年、さらなる受験情報をみなさんへ届けるべくメンバーを一新しスタート!

今後は大学受験だけではなく、高校受験情報もお届けしようと拡大模索中です!

※使用するデータは間違えがないよう作成しておりますが、もし間違いなどを発見した場合はお問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いですm(__)m

※「こんな情報を掲載して欲しい!」「地元の最新はこうなってますよ!」などがあればあわせましてお問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いですm(__)m

そして、このページではそんな偏差値テラスで活躍する中の人たちを紹介していきたいと思います。

それぞれが担当する役割や思いを込めて発言しておりますので、温かく見守っていただければ幸いです。

偏差値テラスの中の人(現メンバー)

現在、偏差値テラスを中心に活躍するメンバーは8名。

半分が現役大学生(大学院生)で構成されており、記事執筆(ライター)やデータ収集、最新記事へのブラッシュアップ、サイト制作等を行っています。

Daniel

Daniel イラスト

Daniel

担当:Site Production、English Coordinator

My name is Daniel.

俺の名前はダニエル。

I’m not a professional writer, nor do I have any aspirations to be thought of as a professional writer, but writing is a compulsion for me. It has to happen.

俺はプロのライターでもないし、プロのライターになりたいとも全く思っていない。
ただ、書かなければいう衝動に駆られるんだ。そういうものなのだ。

Should I have had it all my way, I’d be in the twilight of my career as a professional soccer player.

もし、やっとサッカー選手になれたとしても、サッカー選手というキャリアはすぐに終わってしまうだろう。

As I’ve already squandered my youth on beautiful frivolousness, as the young are wont to do, I do not have further aspirations to be thought of as a professional anything.

俺は若気の至りで青春時代を無駄にしてきてしまった。
若いときにはやりたい事が沢山あって、それ以上に何かのプロになりたいような願望は浮かばなかったのだ。

However, I’ve made a living for myself in and around Information Technology, Programming, Multimedia, and Video Games.

しかしながら、今では情報技術や、プログラミング、マルチメディアやビデオゲームを作ったりして自分で生計をたててこれたのだ。

My proudest milestones are the moments I have been able to help others. Happy to be alive. Happy to be here in Japan.

俺にとって最も誇らしい人生の節目となるのは、誰かのためになれた瞬間なのだ。
生きていてよかった。
日本にこれてよかったと思える。

Everyone, thank you for having me!

みんな!俺をここにいさせてくれてありがとう!!


Yoshiyoshi

Yoshiyoshi イラスト

Yoshiyoshi
担当:Director

2019年から偏差値テラスの総括として、みんなをまとめるディレクターです。

しかし、ディレクターというのは名ばかりでみんなのご機嫌を取るためにお菓子やお茶を配るのが本業となりつつあります(;^_^A

某有名塾の校舎長の経験から、受験にまつわる様々なことを記事にし偏差値テラスでまとめています。受験系サイトを3つディレクターし現在新たに1つ制作中となっています。

偏差値テラスでは今後、高校受験についての受験情報や生徒だけでなく保護者からの目線でも情報を追記していきたいと思っております。

趣味:スポーツ(自ら行う方)、カフェ巡り、資格取得


Atori

atori イラスト

Atori
担当:Writer

どうやら南南西1080海里離れた故郷にいろいろ大事なネジを落としてきたようで、花の女子大生である割に日常を惰性で過ごしています。

愛読書は北原白秋で詩集を見ると心がぴょんぴょんする心地です。

つい最近まで受験でヒィヒィ言っていたのでその経験が誰かの役に立てたら嬉しいなぁ、と純粋な気持ちで記事を書こうと意気込んでいます。
が、当時を思い出すとどうにも苦戦していたわけでもないような気がします。名誉のために言うと3か月くらいで英語偏差値40上げた程度の苦戦。

好きなものは寺院仏閣城巡り、御朱印帳ブームメントは罪悪。刀とか見るのも某ゲームするのも好きないわゆるオタク趣味です。

絵とか文章を書くのも好きですが、趣味と呼ぶほど崇高なものじゃあないと思っています。文筆家気質の芸術嗜好なので、つまりそういうことです。

最近は一人になると血迷ってライムでリリックを刻んでます。


Atoriの記事はこちら!


Kankankomekome

Kankankomekome イラスト

Kankankomekome
担当:Writer

都内某大学理工学専攻の4年生。大学3年次より1年間休学し、カナダのトロントへ留学。趣味は楽器演奏と映画鑑賞。猫を飼いたいけど猫アレルギーなので犬を飼っています。

偏差値テラスではカナダ留学について執筆しています。「留学の手続きってどうするの?」「留学する目的は?」「日本との生活の違いは?」など海外留学で疑問に思うことを自分で経験則でコラムにしているので、是非読んでいただければと思います。


kankankomekomeの記事はこちら!


Tuna

tuna イラスト

Tuna
担当:Writer/Mood Maker

某都内大学の日本史学専攻の4年生(多分)。大学4年時より1年間休学して、SIMANEKENに留学。趣味は読書、筋トレ、ポエム作成、筋トレ、昼寝、筋トレ、ゲーム、筋トレ、筋トレです。
ちなみにあまり筋肉はありません!

多趣味な方ですが、小中高大とバスケットを極めており、全国2位まで上り詰め、NBAプレイヤー八村塁とも対戦経験もあります。あと一歩でプロ選手だったが重度の怪我を負い断念。

サイト内の記事を手掛けることもありますが、伝えたい情報が多すぎていつも圧倒的文字数になってしまいます。また圧倒的誤字数も誇るので誤字確認は5回がノルマになっています。実は勤務中によく頭のねじが飛んだatoriが起こす奇怪行動を制止しながら記事を書いているので誤字が多くなってしまっているのが真実です。

ラーメンが好きでよくラーメン巡りをしています。好きなラーメンはがっつり豚骨で油マシマシで頼むことが多いです。最近成果があって現役時代は体脂肪率8%のの肉体が、ぽよんぽよんに進化しつつあります。そろそろ本格的に筋トレするつもりです…きっと…明日から!


Tunaの記事はこちら!


Higashimachi

Higashimachi イラスト

Higashimachi
担当:Site Production

※この文章はYoshiyoshiが代筆しています。

都内有名私立大学の大学院生。偏差値テラス以外にも沢山のサイト制作を行っているイケメン金髪男子。

偏差値70オーバーから繰り出されるサイト考案やデータ収集力・発言する際の声量は、明らかにレベルの違いを肌で感じさせられ、場の空気を変える力を有しています。

とはいえ自分からアピールするのではなく、さりげなくそっと周囲に気を配りながらチームを大切にする優しい縁の下の力持ち。

最近はYoutubeやお笑い、TRPG等の動画を観ることが多いそうです。

筋肉担当のわたくしYoshiyoshiとDanielに「あと筋肉があればPerfect Humanだったのに」と突っ込まれるHigashimachiでした。


Kaekae

Kaekae イラスト

Kaekae
担当:Data Collection

休日には隙あらばお酒を飲むくらいお酒が好きです。(笑)そのほかに好きなことや興味のあるものは、料理(食べるのも作るのも)/音楽を聴く事/ピアノ/サーフィン/ネイル/心理学/自然と触れ合う事などです。

中途半端なことが嫌いな性格なので皆様の役に立つ情報集めなど手抜きはしません!!

いつも最新の情報などを半べそかきながら探し更新しています( ;∀;)(笑)


Sayusayu

sayusayu イラスト

Sayusayu
担当:Writer

高校3年生の夏から某大手予備校に通いD判定だった名古屋大学に合格。 大学入学時に350点だったTOEICを大学4年間で徐々に上げていき卒業時にはTOEIC820点取得。

自分にあった勉強の仕方をいち早く習得してもらえるように英語の勉強の仕方の記事を書いています。


Sayusayuの記事はこちら!