高校偏差値

 

全国には約5,000校の高等学校があります。

私立が多い大学に対して高校は公立高校が私立高校の3倍となっています。

 

 

区分 国立 公立 私立
大学 86 90 604
短期大学 17 320
高等専門学校 51 3 3
高等学校 15 3,571 1,321

出典:文部科学省平成30年学校教育総括

公立の高等学校は主に各都道府県の教育委員会が運営・管理を行っており、そのほとんどが学区制を採用しているので、特別な条件を除いては決められた地域の学区を受験することになります。

 

一方私立高校の場合は学区の制限を設けていないことが多く、スポーツ推薦などは県内外問わず募集を行っていることが多いです。

 

高校受験を行うには受験する高校がどんな高校か?情報を集めることが必要です。

「学校の雰囲気は?」「通学手段は?」「大学の進学率は?」「夢が叶えられるところか?」

そして偏差値もその中の重要な情報のひとつになります。

 

ここ偏差値テラスでは、各都道府県の高校偏差値や入試対策、勉強方法などをまとめています。

是非必要な情報を持ち帰って高校受験の参考にしてください。

   

2019年京都府の高校偏差値ランキング

京都府といえば清水寺や金閣寺といった歴史的な建造物を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?都が江戸に移されるまでは日本の中心とされており、今も当時の建造物が多く残っている都道府県といえるでしょう。

そんな様々な日本文化に触れられることもあり、外国から観光に来る人も多く日本を代表する観光地の1つといってもよい都道府県ではないでしょうか!

また夏には激しい猛暑で有名です。そのためか意外なことにエアコン普及率が東京や大阪を抑えて全国1位になっています。

学力面で見ると京都府は全国学力テストでも上位層に属しており、比較的優秀といえますね。ではそんな京都府の高校偏差値はどのようになっているのでしょうか?今回は京都府の偏差値上位の高校について紹介していこうと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】主格・目的格とは?関係代名詞の使い方

関係代名詞とは

中学3年生で学ぶ関係代名詞ですが、ここでつまずいている方は多いのではないでしょうか。

使い方として「主格」と「目的格」を授業で習う、もしくは習ったかと思いますが使い分けが難しいと思います。

今回は代表的な関係代名詞の主格と目的格の意味と使い方、また日本語への訳し方についてお話ししたいと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】不規則変化とは? 比較表現の書き方とコツ

比較級最大級の語尾の変化

比較表現とは人と人もしくは物と物を比べる際に使用する表現です。

~より大きい」や「~より良い」など日本語でもよく使う表現ですよね。

これらは英語で話すときにもよく使われますし、試験でも良く出題されます。

一見簡単そうに見えて、実は意外と間違えやすい文法なのできちんと押さえておきましょう。

続きを読む

【中学英語の勉強法】受動態の意味とは? 助動詞との組み合わせ方

受動態とは

受動態とは一般的に「~される」という様に受け身の文章です。

英語の試験においては一般文の書き換えとして出てくることが多いでしょう。

また長文問題もよく出てきます。

「~される」という意味はもちろんあり一番一般的な使い方だと思いますが、会話となると「これは受動態を使って言うのか!」と気づかされることが多くあります。

意味だけでなく本質的な使い方を理解するとどのような場面でも対応できるでしょう。

続きを読む

【中学英語の勉強法】現在完了形と過去形の違いって?意味と書き方

現在完了形継続の意味

現在完了形とは過去のある一点から現在もしくはある点まで継続していたこと、どういう様な経緯を経て今はどうなっているのかを表す文法です。

中学英語の時制の最後の難関かと思いますが、混乱する原因は日本語に現在完了形にあたる表現がないからです。

今回は現在完了形のニュアンスと意味、使い方についてお話ししたいと思います。

続きを読む