[北海道・東北]高校偏差値と国立・公立・私立の高校受験入試対策

全国の都道府県ごとに各高等学校の偏差値をまとめ、高校受験入試対策を合わせて掲載しています。

このページでは北海道・東北(青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県)の高校偏差値を掲載しています。


Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

各都道府県の偏差値の参考として文部科学省が実施する2019全国学力テストの結果から都道府県ごとの偏差値を出してみたぞ!

都道府県ごとの偏差値はそのまま高校の学力、そして大学受験にも繋がるので知っていてもいい指標だぞ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

全国の100万人近い中3生が一同に受けるテストなので、4月に国語・数学・英語と受けた記憶がある子たちも多いのでは?私立中学校や国立中学校では任意なので、今回は公立中学の結果だけに絞って偏差値を出してみました。

各教科の割合から都道府県ごとの平気を算出しその結果から標準偏差を求め偏差値としました。平均や標準偏差は少数第2位を四捨五入、偏差値は小数第1位を四捨五入した結果となっています

<参考サイト:文部科学省>
<参考サイト:国立教育政策研究所>

北海道の高校偏差値と入試対策

北海道旗

北海道の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
71札幌北高等学校札幌市北区公立共学
71札幌光星高等学校普通科ステラコース札幌市東区私立共学
71札幌西高等学校札幌市中央区公立共学
71札幌南高等学校札幌市中央区公立共学
69函館ラ・サール高等学校函館市私立男子校
69立命館慶祥高等学校普通科SPコース江別市私立共学
68札幌旭丘高等学校札幌市中央区公立共学
68札幌第一高等学校普通科文理コース選抜クラス札幌市豊平区私立共学
68札幌東高等学校札幌市白石区公立共学
67釧路湖陵高等学校理数科釧路市公立共学
66旭川東高等学校旭川市公立共学
66帯広柏葉高等学校帯広市公立共学
66札幌国際情報高等学校普通科札幌市北区公立共学
66札幌第一高等学校普通科文理コース北大進学クラス札幌市豊平区私立共学
66室蘭栄高等学校理数科室蘭市公立共学
66立命館慶祥高等学校普通科江別市私立共学
65駒澤大学附属苫小牧高等学校普通科特別進学A特進国立大学進学系苫小牧市私立共学
65函館白百合学園高等学校普通科特別進学コース函館市私立女子校
65函館中部高等学校函館市公立共学
64札幌国際情報高等学校国際文化科札幌市北区公立共学
64滝川高等学校理数科滝川市公立共学
64苫小牧工業高等専門学校苫小牧市国立共学
64とわの森三愛高等学校普通科獣医・理数コース江別市私立共学
64函館工業高等専門学校生産システム工学科函館市国立共学
64函館工業高等専門学校物質環境工学科函館市国立共学
63旭川北高等学校旭川市公立共学
63北見北斗高等学校北見区公立共学
63釧路工業高等専門学校釧路市国立共学
63札幌月寒高等学校札幌市豊平区公立共学
63函館工業高等専門学校社会基盤工学科函館市国立共学
63北海高等学校普通科特別進学コース札幌市豊平区私立共学
62旭川工業高等専門学校機械システム工学科旭川市国立共学
62旭川工業高等専門学校電気情報工学科旭川市国立共学
62旭川工業高等専門学校システム制御情報工学科旭川市国立共学
62旭川工業高等専門学校物質化学工学科旭川市国立共学
62旭川実業高等学校普通科難関選抜コース 旭川市私立共学
62帯広三条高等学校帯広市公立共学
62北広島高等学校北広島市公立共学
62札幌啓成高等学校理数科札幌市厚別区公立共学
62札幌光星高等学校普通科特進コース札幌市東区私立共学
62北海学園札幌高等学校普通科特進コース札幌市豊平区私立共学
61旭川西高等学校普通科旭川市公立共学
61旭川龍谷高等学校普通科特進Sコース旭川市私立共学
61遺愛女子高等学校普通科特別進学コース函館市私立女子校
61札幌日本大学高等学校普通科特進コース北広島市私立共学
61市立函館高等学校函館市公立共学
60旭川大学高等学校普通科特別進学コース旭川市私立共学
60旭川西高等学校理数科旭川市公立共学
60旭川明成高等学校特進エリア旭川市私立共学
60岩見沢東高等学校岩見沢市公立共学
60大麻高等学校江別市公立共学
60小樽潮陵高等学校小樽市公立共学
60北見藤女子高等学校普通科特進コース北見市私立女子校
60釧路湖陵高等学校普通科釧路市公立共学
60札幌大谷高等学校普通科Sコース札幌市東区私立共学
60札幌清田高等学校普通科グローバルコース札幌市清田区公立共学
60札幌新川高等学校札幌市北区公立共学
60札幌手稲高等学校札幌市手稲区公立共学
60札幌北陵高等学校札幌市北区公立共学
60札幌藻岩高等学校札幌市南区公立共学
60東海大学付属札幌高等学校普通科特別進学コース札幌市南区私立共学
60函館大学付属有斗高等学校普通科特別進学コース函館市私立男子校
60室蘭栄高等学校普通科室蘭市公立共学
59帯広緑陽高等学校帯広市公立共学
59札幌清田高等学校普通科普通コース札幌市清田市公立共学
59札幌国際情報高等学校理数工学科札幌市北区公立共学
59札幌国際情報高等学校グローバルビジネス科札幌市北区公立共学
59札幌龍谷学園高等学校普通科スーパー特進コース札幌市中央区私立共学
59苫小牧東高等学校苫小牧市公立共学
59北星学園女子高等学校普通科Highコース札幌市中央区私立女子校
59北星学園大学附属高等学校普通科特別進学コース札幌市厚別区私立共学
59北海道栄高等学校普通科アルファコース白老郡白老町私立共学
58遺愛女子高等学校英語科函館市私立女子校
58札幌啓成高等学校普通科札幌市厚別区公立共学
58北海道科学大学高等学校普通科特別進学コース札幌市豊平区私立共学
57旭川永嶺高等学校旭川市公立共学
57帯広大谷高等学校普通科文理コース帯広市私立共学
57帯広北高等学校普通科特進コース帯広市私立共学
57札幌聖心女子学院高等学校札幌市中央区私立女子校
57札幌創成高等学校普通科S選抜コース札幌市北区私立共学
57札幌第一高等学校普通科総合進学コース札幌市豊平区私立共学
57札幌平岸高等学校普通科普通コース札幌市豊平区公立共学
57北星学園女子高等学校英語科札幌市中央区私立女子校
56帯広南商業高等学校帯広市公立共学
56北見柏陽高等学校北見市公立共学
56札幌静修高等学校普通科特進コース札幌市中央区私立共学
56札幌平岸高等学校普通科デザインアートコース札幌市豊平区公立共学
56札幌山の手高等学校普通科特別進学コース札幌市西区私立共学
56千歳高等学校普通科千歳市公立共学
56とわの森三愛高等学校普通科アドバンスコース江別市私立共学
56函館白百合学園高等学校普通科看護医療系進学コース函館市私立女子校
56美唄聖華高等学校美唄市公立共学
56室蘭東翔高等学校衛生看護科室蘭市公立共学
55網走南ヶ丘高等学校網走市公立共学
55札幌光星高等学校普通科文理コース札幌市東区私立共学
55札幌稲雲高等学校札幌市手稲区公立共学
55札幌龍谷学園高等学校普通科特進コース札幌市中央区私立共学
55北海高等学校普通科進学コース札幌市豊平区私立共学
55北海道科学大学高等学校普通科北薬大コース札幌市豊平区私立共学
55北海道栄高等学校普通科アドバンスコース白老郡白老町私立共学
55旭川実業高等学校普通科特別進学コース旭川市私立共学
55旭川藤女子高等学校普通科特別進学コース旭川市私立女子校
55石狩南高等学校石狩市公立共学
55札幌光星高等学校普通科文理コース札幌市東区私立共学
55札幌稲雲高等学校札幌市手稲区公立共学
55札幌龍谷学園高等学校普通科特進コース札幌市中央区私立共学
55北海高等学校普通科進学コース札幌市豊平区私立共学
55北海道科学大学高等学校普通科北薬大コース札幌市豊平区私立共学
55北海道栄高等学校普通科アドバンスコース白老郡白老町私立共学
54旭川実業高等学校普通科特別進学コース旭川市私立共学
54旭川藤女子高等学校普通科特別進学コース旭川市私立女子校
54石狩南高等学校石狩市公立共学
54札幌北斗高等学校普通科特進コース札幌市東区私立共学
54滝川高等学校普通科滝川市公立共学
54苫小牧南高等学校苫小牧市公立共学
54函館稜北高等学校函館市公立共学
53旭川商業高等学校流通ビジネス科旭川市公立共学
53旭川商業高等学校国際ビジネス科旭川市公立共学
53旭川商業高等学校会計科旭川市公立共学
53旭川商業高等学校情報処理科旭川市公立共学
53岩見沢西高等学校岩見沢市公立共学
53海星学院高等学校室蘭市私立共学
53釧路江南高等学校釧路市公立共学
53札幌大谷高等学校普通科Gコース札幌市東区私立共学
53札幌白石高等学校札幌市白石区公立共学
53札幌静修高等学校ユニバーサル科札幌市中央区私立共学
53札幌日本大学高等学校普通科総合進学コース北広島市私立共学
53双葉高等学校普通科特別進学コース小樽市私立共学
53本別高等学校中川郡本別町公立共学
53稚内高等学校普通科稚内市公立共学
52旭川藤女子高等学校普通科ULコース旭川市私立女子校
52旭川南高等学校旭川市公立共学
52旭川龍谷高等学校普通科特進Aコース旭川市私立共学
52札幌啓北商業高等学校札幌市南区公立共学
52札幌東商業高等学校情報処理科札幌市厚別区公立共学
52札幌東商業高等学校流通経済科札幌市厚別区公立共学
52札幌東商業高等学校会計ビジネス科札幌市厚別区公立共学
52札幌東商業高等学校国際経済科札幌市厚別区公立共学
52札幌平岡高等学校札幌市清田区公立共学
52札幌龍谷学園高等学校普通科スーパープログレス進学コース札幌市中央区私立共学
52東海大学付属札幌高等学校普通科総合進学コース札幌市南区私立共学
52函館大妻高等学校福祉科函館市私立女子校
52函館西高等学校函館市公立共学
52北海道科学大学高等学校普通科進学コース札幌市豊平区私立共学
51江別高等学校普通科江別市公立共学
51釧路北陽高等学校釧路市公立共学
51千歳高等学校国際流通科千歳市公立共学
51芽室高等学校河西郡芽室町公立共学
50遺愛女子高等学校普通科一般コース函館市私立女子校
50帯広工業高等学校電子機械科帯広市公立共学
50帯広工業高等学校電気科帯広市公立共学
50帯広工業高等学校建築科帯広市公立共学
50帯広工業高等学校環境土木科帯広市公立共学
50北見藤女子高等学校普通科藤キャリアコース北見市私立女子校
50北見緑陵高等学校北見市公立共学
50札幌厚別高等学校札幌市厚別区公立共学
50札幌大谷高等学校音楽科札幌市東区私立共学
50札幌大谷高等学校美術科札幌市東区私立共学
50札幌創成高等学校普通科アドバンス特進コース札幌市北区私立共学
50札幌創成高等学校普通科グローバルラーニングコース札幌市北区私立共学
50函館工業高等学校電子機械科函館市公立共学
50函館工業高等学校電気科函館市公立共学
50函館工業高等学校情報技術科函館市公立共学
50函館工業高等学校建築科函館市公立共学
50函館工業高等学校環境土木科函館市公立共学
50函館工業高等学校工業化学科函館市公立共学
50羽幌高等学校苫前郡羽幌町公立共学
50北海学園札幌高等学校普通科進学コース札幌市豊平区私立共学
50稚内高等学校衛生看護科稚内市公立共学
49旭川工業高等学校電子機械科旭川市公立共学
49旭川工業高等学校電気科旭川市公立共学
49旭川工業高等学校情報技術科旭川市公立共学
49旭川工業高等学校建築科旭川市公立共学
49旭川工業高等学校工業化学科旭川市公立共学
49旭川工業高等学校土木科旭川市公立共学
49岩見沢緑陵高等学校普通科普通コース岩見沢市公立共学
49江差高等学校普通科檜山郡公立共学
49小樽桜陽高等学校普通科小樽市公立共学
49釧路明輝高等学校総合学科釧路市公立共学
49駒澤大学附属苫小牧高等学校普通科特別進学 B特進大学進学系苫小牧市私立共学
49駒澤大学附属苫小牧高等学校普通科特別進学 看護進学系苫小牧市私立共学
49札幌英藍高等学校普通科札幌市公立共学
49札幌西陵高等学校普通科札幌市公立共学
49札幌山の手高等学校普通科進学コース札幌市私立共学
49函館商業高等学校流通ビジネス科函館市公立共学
49函館商業高等学校国際経済科函館市公立共学
49函館商業高等学校会計ビジネス科函館市公立共学
49函館商業高等学校情報処理科函館市公立共学
49北星学園女子高等学校普通科Coreコース札幌市私立女子校
49北星学園女子高等学校音楽科札幌市私立共学
48旭川工業高等学校土木科旭川市公立共学
48恵庭北高等学校普通科恵庭市公立共学
48札幌新陽高等学校普通科特進コース札幌市私立共学
48札幌東陵高等学校普通科札幌市公立共学
48札幌龍谷学園高等学校普通科プログレス進学コース札幌市私立共学
48伊達緑丘高等学校普通科伊達市公立共学
48天塩高等学校普通科天塩郡公立共学
48苫小牧工業高等学校電子機械科苫小牧市公立共学
48苫小牧工業高等学校電気科苫小牧市公立共学
48苫小牧工業高等学校情報技術科苫小牧市公立共学
48苫小牧工業高等学校建築科苫小牧市公立共学
48苫小牧工業高等学校土木科苫小牧市公立共学
48苫小牧工業高等学校環境化学科苫小牧市公立共学
48とわの森三愛高等学校普通科フードクリエイトコース江別市私立共学
48名寄高等学校普通科名寄市公立共学
48根室高等学校普通科根室市公立共学
48深川西高等学校普通科深川市公立共学
48北海道文教大学明清高等学校普通科札幌市私立共学
48室蘭東翔高等学校総合学科室蘭市公立共学
48留萌高等学校普通科留萌市公立共学
47岩見沢緑陵高等学校普通科スポーツ総合コース岩見沢市公立共学
47岩見沢緑陵高等学校情報コミュニケーション科岩見沢市公立共学
47江別高等学校生活デザイン科江別市公立共学
47おといねっぷ美術工芸高等学校工芸科中川郡公立共学
47帯広大谷高等学校普通科普通コース帯広市私立共学
47北見商業高等学校商業科北見市公立共学
47北見商業高等学校流通経済科北見市公立共学
47北見商業高等学校情報処理科北見市公立共学
47札幌工業高等学校機械科札幌市公立共学
47札幌工業高等学校電気科札幌市公立共学
47札幌工業高等学校建築科札幌市公立共学
47札幌工業高等学校土木科札幌市公立共学
47滝川西高等学校普通科滝川市公立共学
47北星学園大学附属高等学校普通科進学コース札幌市私立共学
46旭川大学高等学校普通科ライセンスコース旭川市私立共学
46旭川大学高等学校普通科体育コース旭川市私立共学
46旭川藤女子高等学校普通科進学コース旭川市私立女子校
46網走桂陽高等学校商業科網走市公立共学
46石狩翔陽高等学校総合学科石狩市公立共学
46岩内高等学校普通科岩内郡公立共学
46浦河高等学校総合学科浦河郡公立共学
46江別高等学校事務情報科江別市公立共学
46小樽未来創造高等学校流通会計マネジメント科小樽市公立共学
46栗山高等学校普通科夕張郡公立共学
46札幌丘珠高等学校普通科札幌市公立共学
46札幌琴似工業高等学校電子機械科札幌市公立共学
46札幌琴似工業高等学校電気科札幌市公立共学
46札幌琴似工業高等学校情報技術科札幌市公立共学
46札幌琴似工業高等学校環境科学科札幌市公立共学
46札幌真栄高等学校普通科札幌市公立共学
46札幌北斗高等学校普通科進学コース札幌市私立共学
46大樹高等学校普通科広尾郡公立共学
46滝川西高等学校情報マネジメント科滝川市公立共学
46苫小牧総合経済高等学校流通経済科苫小牧市公立共学
46苫小牧総合経済高等学校国際経済科苫小牧市公立共学
46苫小牧総合経済高等学校情報処理科苫小牧市公立共学
46函館白百合学園高等学校普通科総合進学コース函館市私立女子校
46浜頓別高等学校普通科枝幸郡公立共学
46東川高等学校普通科上川郡公立共学
46北海道大谷室蘭高等学校普通科普通コース室蘭市私立共学
46三笠市立三笠高等学校食物調理科三笠市公立共学
45旭川実業高等学校普通科進学コース旭川市私立共学
45旭川農業高等学校農業科学科旭川市公立共学
45旭川農業高等学校食品科学科旭川市公立共学
45旭川農業高等学校森林科学科旭川市公立共学
45旭川農業高等学校生活科学科旭川市公立共学
45芦別高等学校普通科芦別市公立共学
45網走桂陽高等学校普通科網走市公立共学
45網走桂陽高等学校事務情報科網走市公立共学
45枝幸高等学校普通科紋別郡公立共学
45遠軽高等学校普通科紋別郡公立共学
45小樽未来創造高等学校機械電気システム科小樽市公立共学
45小樽未来創造高等学校建設科小樽市公立共学
45音更高等学校普通科河東郡公立共学
45帯広北高等学校普通科総合コース帯広市私立共学
45北広島西高等学校普通科北広島市公立共学
45白老東高等学校普通科白老郡公立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

北海道の全国学力テスト偏差値は42で全国35位だ!

3教科とも全国平均以下だったことが、より順位を下げた結果となっているぞ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

北海道の結果は、国語が72(72.8)、数学が58(59.8)、英語が54(56)で平均が61.3(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

北海道公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

北海道の公立入試は主に推薦入学者選抜と一般入学者選抜があります。推薦入学の試験内容は学校により異なりますが、作文と自己アピールに関してはほとんどの学校で求められています。

推薦入学者は実施している入学者全体の20~30%の割合で募集しています。一般入学者選抜での入学試験には標準問題に加え、裁量問題を用意している学校もあります。居住区によって分かれている19の学区内の高校へ進学することとなります。

推薦入学面接日:2/13(木) 学力考査日:3/4(水)

推薦入学者選抜:志望高校が推薦入学を実施しているかどうかの確認が必要です。学校によって自己アピール、英語の口頭試問、作文などを課される場合もあります。

一般入学者選抜:内申点と学力検査を同等に上位のものから募集人員の70%程度がまず選抜されます。残り30%は内申書重視、学力検査重視で選抜されますが、30%の割合は各学校によって異なります。

また各高校によって標準問題とは別に国語・数学・英語の問題の一部を倫理的思考力などを問う学校裁量問題を出題される場合もあります。標準問題に比べて、学校裁量問題のほうが問題の情報量も多く難しい傾向にあります。

推薦入学者選抜:全体入学者数の20%-100%を選抜します。学校学科によって推薦入学者選抜のみの募集される場合もあります。

一般入学者選抜:5教科300点満点で学校学科によっては教科配点が1.5-2.0をかける場合もあります。該当科目も異なりますが、英語、数学、理科が多いようです。

北海道公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

英語では長文が大問4つ中2問出題されます。

標準問題は約300語、学校裁量問題は約480語の長文が選ばれています。与えられたテーマについて書かせる英作文も毎年出題されています。45分の試験時間の内約10分がリスニング問題に割かれるためスピードを意識する必要があります。

配点は15点と割合が高いためリスニングの練習をしていきましょう。単語の穴埋め、語句の並べ替えは頻出です。基礎文法を復習し、単語だけではなく熟語で覚えて使えるように練習しましょう。

長文読解に時間を残しておくために、小問群を素早く正確に回答していきましょう。学校裁量問題は長文読解の分量が多く、自由英作を課される場合も多いです。

小問群は数と式を中心に関数、図形、資料の活用からの基本問題が例年出題されています。

大問5つ中3問はそういった基礎問題で配点も約50%を占めます。ミスなく素早く回答できるよう1年生からしっかりと復習し練習しましょう。図形証明は記述式で照明のすべてを書かせる出題がされるので対策が必要でしょう。

学校裁量問題は難問と呼ばれるものも出題されます。比較的解き易い問題を取りこぼすことが無いように練習しましょう。

小問の数も多いため、スピードを意識して回答する練習が必要でしょう。小問は漢字や文法の基本問題が出題されます。また、記述式の問題の割合が年々増えています。読解問題やスピーチ原稿を作成するような作文の問題も出題され配点割合も高くなっています。

読解問題は小説が選ばれることが多く、自分の考えを答える問題が出題されており、筆者の思いを正確に理解することに加えて表現力も必要とされています。記述式の問題を多く解き、添削をしてもらうようにしましょう。

中和とイオン、電池がよく出題されています。「塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和実験」や「電池とイオン」が特によく出題されています。

天気図や物体の運動も例年出題されています。計算を求める問題も出るので、公式を覚えるだけでなく使い方を練習をしておきましょう。実験の手順や結果を1通りさらっておくと良いでしょう。

大問の1問は小問群で各分野の基本が出題されます。

資料の読み取り問題や歴史の年代や写真を用いた並べ替え問題は頻出です。大問の1つは全分野の基本知識が問われます。これらは丸暗記で対応できる問題なので知識量を増やしておきましょう。

問題数が多いので数をこなしてスピードを意識しつつ正確に回答できるよう準備していきましょう。また、北方領土に関する問題は例年出題されているので、対策が必要でしょう。

<参考サイト:北海道教育委員会>

北海道私立高校受験対策

札幌光星

詳細未定(2019年9月現在)入試形式:一般入学・推薦入学・嘆願入学試験 (昨年は先頭から順に2/14・1/26・1/26) 5教科300点満点 一般入学試験の合格最低ラインはコースによって差がありますが、例年170~250点となっています。推薦入学試験は、保護者同伴の面接、英語の筆記試験があり、単願入学試験は国語・数学・英語の各60点180点満点の試験があります。試験内容:全体を通して、問題量文書量が多いため、問題の難易度を見極めて取りこぼしのないように解答していきましょう。英語のアクセント問題は頻出です。国語や社会では時事問題が出題されるので、日ごろのニュースや新聞に関心を持っておきましょう。

<ホームページはこちら>

函館ラ・サール

詳細未定(2019年9月現在) 推薦入学試験・県外特別試験は 国語・数学・英語各100点60分英語リスニング問題があります。一般入学試験は5教科各100点 社会・理科各50分残り3教科は60分。こちらも英語リスニング問題があります。帰国生入学試験は国語・数学・英語各100点となります。試験内容:全体を通して難易度が高く問題量が多いです。とにかく過去問を解いてスピードと問題に慣れることが必要です。教科書の隅に書いてあるような難問が各教科出題されています。

<ホームページはこちら>

北海道の私立高校をさらにみる!
立命館慶祥

入試形式:sp推薦・特別推薦・一般推薦・専願・単願・全国一般・帰国1月入学試験日1/25合格発表1/31 国語・数学・英語各100点面接あり。英語のリスニング問題はありません。一般入学試験日2/21合格発表2/28 5教科各60点リスニング問題の出題があります。試験内容:国語は見慣れない言葉に対する知識が聞かれます。基本的にはどの科目も中学3年間の基礎基本を抑えていくことで得点に繋がります。社会は全体の文章量が増加しています。グラフから考えて答えを導き出す問題が出題されています。

<ホームページはこちら>

札幌第一

入試形式:推薦入学試験日1/25合格発表1/29 面接のみで選考されます。一般入学試験日2/21合格発表2/29 5教科各60点300点満点 マークシート形式の問題です。マークミスをしないよう慣れておきましょう。国語は古文がカギです。「なぜか?」と問われる出題が多いため、理由を考えながら読む力をつけておきましょう。英語はアクセント、発音が例年出題されています。社会や理科は図や写真などの資料を用いて読み取る問題が頻出です。資料集などを用いて復習しておくことが必要でしょう。

<ホームページはこちら>

札幌日大

入試形式:推薦入学試験・推薦1・2・3の選抜方法があります。1/18は推薦1(希望者)・2出願者の学力認定調査日で1/21は推薦1は面接・推薦2は面接・作文の試験があります。合格発表は1/27 一般入学験日は2/18合格発表2/28 5教科 各45分英語リスニング問題あります。試験内容:国語は慣用句や慣用表現が頻出です。抜けやすい単元なのでおさらいしておきましょう。数学は基本を抑えて得点につなげましょう。2次関数は例年頻出です。英語は長文が3題出題されています。ただ、並べ替えと選択問題が多いため、難易度がそこまで高いわけではないようです。社会は時代の流れに沿って物事をつないでおきましょう。年代や並べ替えの問題がよく出題されます。

<ホームページはこちら>

Sponsored Link

青森県の高校偏差値と入試対策

青森県旗

青森県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
71青森高等学校青森市公立共学
70八戸高等学校八戸市公立共学
69弘前高等学校弘前市公立共学
65八戸北高等学校八戸市公立共学
65八戸工業高等専門学校機械工学科八戸市国立共学
65八戸工業高等専門学校電気情報工学科八戸市国立共学
64青森東高等学校青森市公立共学
64八戸工業高等専門学校物質工学科八戸市国立共学
64八戸工業高等専門学校建設環境科八戸市国立共学
64八戸工業大学第二高等学校普通科スーパーカレッジコース八戸市私立共学
63五所川原高等学校五所川原高等学校公立共学
62青森南高等学校普通科青森市公立共学
62八戸東高等学校普通科八戸市公立共学
61弘前中央高等学校弘前市公立共学
60三本木高等学校十和田市公立共学
60八戸東高等学校表現科八戸市公立共学
60弘前南高等学校広前市公立共学
59青森南高等学校外国語科青森市公立共学
59八戸西高等学校普通科八戸市私立共学
58八戸聖ウルスラ学院高等学校普通科特別進学Sコース八戸市私立共学
56青森山田高等学校普通科特進コース青森市私立共学
55青森北高等学校普通科青森市公立共学
55木造高等学校つがる市公立共学
55八戸工業大学第二高等学校普通科アクティブカレッジコース八戸市私立共学
55弘前工業高等学校情報技術科弘前市公立共学
55青森工業高等学校情報技術科青森市公立共学
55木造高等学校つがる市公立共学
55八戸工業大学第二高等学校普通科アクティブカレッジコース八戸市私立共学
55弘前工業高等学校情報技術科弘前市公立共学
54青森工業高等学校情報技術科青森市公立共学
54八戸工業高等学校電子科八戸市公立共学
54八戸工業高等学校情報技術科八戸市公立共学
54八戸工業大学第二高等学校普通科カレッジコース八戸市私立共学
54八戸聖ウルスラ学院高等学校英語科八戸市私立共学
54弘前実業高等学校商業科弘前市公立共学
54弘前実業高等学校情報処理科弘前市公立共学
54三沢高等学校普通科三沢市公立共学
53青森西高等学校青森市公立共学
53田名部高等学校普通科むつ市公立共学
53千葉学園高等学校看護科八戸市私立女子校
53八戸工業高等学校機械科八戸市公立共学
53八戸工業高等学校電子機械科八戸市公立共学
53弘前工業高等学校建築科弘前市公立共学
53弘前実業高等学校スポーツ科学科弘前市公立共学
52青森北高等学校スポーツ科学科青森市公立共学
52青森工業高等学校電子機械科青森市公立共学
52八戸工業高等学校機械科八戸市公立共学
52八戸工業高等学校電子機械科八戸市公立共学
52八戸工業高等学校電気科八戸市公立共学
52八戸聖ウルスラ学院高等学校普通科LAコース八戸市私立共学
52八戸西高等学校スポーツ科学科八戸市公立共学
52弘前工業高等学校機械科弘前市公立共学
52弘前工業高等学校電気科弘前市公立共学
52弘前工業高等学校電子科弘前市公立共学
51青森工業高等学校機械科青森市公立共学
51八戸工業高等学校土木建築科土木コース八戸市公立共学
51八戸工業高等学校土木建築科建築コース八戸市公立共学
51八戸商業高等学校情報処理科八戸市公立共学
50青森工業高等学校電気科青森市公立共学
50青森中央高等学校青森市公立共学
50黒石高等学校看護科黒石市公立共学
50八戸工業高等学校材料技術科八戸市公立共学
50八戸商業高等学校商業科八戸市公立共学
50弘前学院聖愛高等学校普通科特進コース弘前市私立共学
50弘前実業高等学校家庭科学科弘前市公立共学
49青森明の星高等学校英語科青森市私立共学
49青森工業高等学校電子科青森市公立共学
49青森工業高等学校都市環境科青森市公立共学
49東奥学園高等学校普通科特進コース青森市私立共学
49東奥義塾高等学校普通科弘前市私立共学
49弘前工業高等学校土木科弘前市公立共学
49三沢商業高等学校商業科・情報科三沢市公立共学
48黒石高等学校普通科黒石市公立共学
48五所川原工業高等学校機械科五所川原市公立共学
48五所川原工業高等学校電子機械科五所川原市公立共学
48五所川原工業高等学校電気科五所川原市公立共学
48五所川原工業高等学校情報技術科五所川原市公立共学
48十和田西高等学校普通科十和田市公立共学
47青森工業高等学校建築科青森市公立共学
47青森商業高等学校商業科・情報処理科青森市公立共学
47五所川原第一高等学校普通科特別進学コース五所川原市私立共学
47三戸高等学校普通科三戸郡公立共学
47弘前学院聖愛高等学校普通科一般コース弘前市私立共学
46青森明の星高等学校普通科青森市私立共学
46八戸学院光星高等学校普通科特別進学コース八戸市私立共学
46弘前実業高等学校農業経営科弘前市公立共学
45黒石商業高等学校商業科・情報処理科黒石市公立共学
45松風塾高等学校普通科特別進学コース東津軽郡私立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

青森県の全国学力テスト偏差値は51で全国19位だ!

数学が全国10位とランクアップに大きく貢献しているぞ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

青森県の結果は、国語が73(72.8)、数学が61(59.8)、英語が55(56)で平均が63(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

青森県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

青森県の公立入試は1回のみで行われ、欠員が出た場合のみ再募集にて選抜されます。選抜方法は5教科各100点の500点満点の学力考査と中学3年間の内申点135点の合計635点を満点としたものが基準となります。

検査日:3/10(火) 再募集:3/19(木)

入学者選抜:一般選抜と特色化選抜を実施しすべての合格者を決めます。どちらの選抜方法も5教科の学力検査点、内申点、面接によります。学校や学科によって実技試験が課される場合もあります。また特色化選抜では、学校学科によって学力検査の学科配点を別に定めているため確認が必要です。募集人員は10%~50%の間で選考されます。面接はどの学校でも必須となるため面接練習が必要です。

一般選抜:学科試験は5教科各100点の500点満点 特色化選抜:基本的には一般選抜と同じ選抜方法。配点割合は学校学科によって異なります。募集人員全体の10-50%を選抜します。

青森県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

大問6つの中4問が長文読解で構成されています。設問も多く、長文も420語程度のものが出題されています。各長文読解の設問に英作文が課されているため、素早く正確な単語選びが必要でしょう。年度によっては、図表やイラストも併せて読み取る力を測られます。小問群がないため、正しい読解が得点率を上げる鍵となります。単語だけを覚えるだけでなく、熟語で覚え使えるように練習しましょう。リスニング試験は試験時間50分のうち10分が割かれるため、実質の筆記試験時間は40分です。スピードを重視した読解力が必要となってきます。日ごろから、段落ごとにポイントを把握しメモを取るといった短時間に要点をつかむような学習をしておくといいでしょう。多くの問題に触れて長文に慣れておきましょう。

平面図形と図形の証明問題が頻出です。基本的な内容はもちろん証明問題を沢山解いて慣れておきましょう。近年は文章や図から情報を整理し理由を明かにしたり、間違いを指摘させる記述問題が出題されています。小問群は様々な分野での基本問題で配点の4割以上が充てられています。中1-3年の問題をしっかりと復習して、ニガテ意識を払拭して取りこぼしのないように練習しましょう。全体の問題数が多いため小問群は速さと正確さが求められます。

2000字以上の説明的文章が出題され、それらを指定文字数で要約する問題も課せられています。200字程度で書かせる作文の問題も例年出題されています。自分の意見やその意見に至った理由を文章で説明できるように練習しておきましょう。また、古文だけの出題ではなく、古文のみ・古文漢文・漢文のみと年によって出題が違いますので、漢文の対策もしておくほうが良いでしょう。聞き取りの問題も出題され、放送を聞いて解く問題が記述式の解答で求められます。馴染み薄い問題は何度も取り組んでコツをつかんでおきましょう。

中和とイオン、電池がよく出題されます。中和のしくみとその反応、電池になる条件やしくみを抑えておきましょう。地震の波のグラフの読み取り、波の速さ、震源からの距離など計算できるように練習しておきましょう。また火山の種類とその特徴も復習しておきましょう。問題の知識量が増えているため、解答に時間がかかります。1問1答問題を取りこぼしなくスピーディーに解く練習をしておきましょう。

資料の読み取りや記述式の問題がよく出題されます。特に資料の読み取り問題が年々増加しています。解くのに時間がかかる問題が多いので時間配分や問題の難易度を見定めていく必要があります。近現代史がよく出題されています。歴史の中でも特に覚えることが多いですが、語句の暗記だけでなく時系列の流れに沿って頭に入れていくとよいでしょう。公民分野では税金に関する歴史や違いなどの実生活に沿った問題が、地理分野では国内の地理は地図上の位置関係を把握し、県名や県庁所在地、特産品や産業が世界の分野では各国との連携問題がよく出題されていますので、日ごろのニュースや新聞に目を向けておきましょう。

<参考サイト:青森県教育委員会>

青森県私立高校受験対策

八戸工業大学第二

詳細未定(2019年9月現在/例年10月中旬発表) 推薦入学試験は作文・面接のみ 前期入学試験5教科各45分。英語のみ50分の試験時間です。 後期入学試験は国語・数学・英語各45分と面接があります。いずれも美術コースは実技試験がありますが、事前に作成し試験日に提出です。試験内容:5科目とも県立高校の入試問題と大差ありませんが、中でも英数はとても近い問題傾向となっています。各分野の基本を抑え取りこぼしのないように得点に繋げましょう。国語は作文問題は出題されていないようです。理科社会は選択肢から選ぶ問題が多く出題されています。

<ホームページはこちら>

東奥義塾

推薦入学試験:1/10 選考方法は350~400文字の作文と5人ずつの集団面接 一般入学試験:2/13 5教科各45分で国語・英語は放送によるテストがあります。2次:3/18 3教科各45分 国語・英語の放送によるテストはありません。別途所属する部活によっては、体育奨学生推薦もあります。学科試験では、基本的な問題から応用問題まで幅広く出題されています。過去問を解き学校の傾向になれておきましょう。特に理科は生物のスケッチが出題されています。体のしくみを見直しておきましょう。国語・英語は放送テストが例年出題されているので、問題集のCDなどを使い慣れておくことが大切です。

<ホームページはこちら>

青森県の私立高校をさらにみる!
青森山田

入試形式:推薦入学試験1/10 国語・数学・英語各100点300点満点。一般入学試験A日程2/13 5教科各100点500点満点、一般入学試験B日程3/24 国語・数学・英語各100点300点満点。いずれの試験も面接があります。入試内容:例年、県立高校の入試問題と問題形式や問題数に大きく違いはないようです。理科社会は図や資料を使った問題が出題されています。教科書だけではなく、資料集での学習や、グラフや表を読み取る問題を数多くこなして知識を貯めておきましょう。特に理科は実験に関する問題も出題されることが多いです。実験の前提条件を抑えるだけでなく、考えて自分の言葉で説明できるような学習をしておきましょう。

<ホームページはこちら>

東奥学園

推薦入学試験:1/10 書類選考・自己推薦書・面接によって選考されます。一般入学試験:2/13書類選考・5教科各45分・面接 2次:3/24 書類選考・作文及び漢字語句の書き取り(40分)面接にて選考せれます。どの入試方法もスポーツコースは別途提出書類があります。学力考査は県立高校の入学試験と大差のない問題形式、問題数になっています。難易度は東奥学園のほうが、少し易しいようです。公立高校入試の準備と併せて、過去問を対策していくとよいでしょう。スポーツコースに進む受験生の方は入学試験だけではなく、部活のとの両立も課題の1つになるでしょう。

<ホームページはこちら>

青森明の星

入試形式:推薦入学者選抜 試験日1/10合格発表1/15 作文・面接にて。一般入学者選抜 試験日2/13合格発表2/20 5教科と面接にて。2次入学者選抜 試験日3/25合格発表は同日3/25 作文と面接となります。いずれの試験も英語科は専門試験があります。専門試験の内容は基本的な英文の音読とその内容についての英語による簡単な口頭試問です。また、英検3級以上を取得していると免除になります。試験内容:青森の県立高校と大きく問題数や傾向に違いはないようです。どの選抜方法にも面接が必須なので、面接練習をしておくとよいでしょう。

<ホームページはこちら>

岩手県の高校偏差値と入試対策

岩手県旗

岩手県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
69盛岡第一高等学校盛岡市公立共学
68盛岡中央高等学校普通科特進選抜SZコース盛岡市私立共学
64盛岡第三高等学校盛岡市公立共学
61盛岡中央高等学校普通科特進Zコース盛岡市私立共学
60一関工業高等専門学校機械工学科一関市国立その他
60一関工業高等専門学校電気情報工学科一関市国立その他
60一関工業高等専門学校制御情報工学科一関市国立その他
60一関工業高等専門学校物質化学工学科一関市国立その他
58花巻北高等学校花巻市公立共学
58盛岡第四高等学校盛岡市公立共学
57一関第一高等学校一関市公立共学
56水沢高等学校奥州市公立共学
56盛岡北高等学校滝沢市公立共学
55岩手高等学校普通科特別進学コース盛岡市私立男子校
55盛岡白百合学園高等学校普通科MEコース盛岡市私立女子校
55盛岡市立高等学校普通科特別進学コース盛岡市公立共学
55盛岡白百合学園高等学校普通科MEコース盛岡市私立女子校
55盛岡市立高等学校普通科特別進学コース盛岡市公立共学
54黒沢尻北高等学校北上市公立共学
53釜石高等学校釜石市公立共学
53不来方高等学校普通科人文・理数学系紫波郡矢巾町公立共学
52大船渡高等学校大船渡市公立共学
52宮古高等学校宮古市公立共学
52盛岡大学附属高等学校普通科特別進学コース盛岡市私立共学
52盛岡第二高等学校盛岡市公立女子校
51一関学院高等学校普通科特別進学コース一関市私立共学
51福岡高等学校二戸市公立共学
51盛岡市立高等学校普通科盛岡市公立共学
51盛岡中央高等学校普通科進学選抜Aコース盛岡市私立共学
50不来方高等学校普通科外国語学系紫波郡矢巾町公立共学
50花巻南高等学校普通科人文科学学系・自然科学学系花巻市公立共学
50盛岡南高等学校普通科盛岡市公立共学
49久慈高等学校普通科久慈市公立共学
49不来方高等学校普通科芸術学系紫波郡公立共学
49高田高等学校普通科大船渡市公立共学
49花巻東高等学校普通科特進コース花巻市私立共学
49花巻南高等学校普通科国際科学学系花巻市公立共学
49盛岡商業高等学校流通ビジネス科盛岡市公立共学
49盛岡商業高等学校会計ビジネス科盛岡市公立共学
49盛岡商業高等学校情報ビジネス科盛岡市公立共学
49盛岡中央高等学校普通科進学留学Rコース盛岡市私立共学
48岩手女子高等学校看護科盛岡市私立女子校
47花北青雲高等学校情報工学花巻市公立共学
47花北青雲高等学校ビジネス情報科花巻市公立共学
47花北青雲高等学校総合生活科花巻市公立共学
47盛岡工業高等学校建築・デザイン科盛岡市公立共学
47盛岡市立高等学校商業科盛岡市公立共学
47盛岡南高等学校普通科体育コース盛岡市公立共学
46一関第二高等学校総合学科一関市公立共学
46金ケ崎高等学校普通科胆沢郡公立共学
46不来方高等学校普通科体育学系紫波郡公立共学
46千厩高等学校普通科一関市公立共学
46遠野高等学校普通科遠野市公立共学
46花巻南高等学校普通科スポーツ健康科学学系花巻市公立共学
46水沢商業高等学校商業科奥州市公立共学
46水沢商業高等学校会計ビジネス科奥州市公立共学
46水沢商業高等学校情報システム科奥州市公立共学
46宮古商業高等学校商業科宮古市公立共学
46宮古商業高等学校会計科宮古市公立共学
46宮古商業高等学校流通経済科宮古市公立共学
46宮古商業高等学校情報科学科宮古市公立共学
46盛岡工業高等学校機械科盛岡市公立共学
46盛岡工業高等学校電気科盛岡市公立共学
46盛岡工業高等学校電子情報科盛岡市公立共学
46盛岡工業高等学校電子機械科盛岡市公立共学
46盛岡工業高等学校工業化学科盛岡市公立共学
46盛岡工業高等学校土木科盛岡市公立共学
46盛岡南高等学校体育科盛岡市公立共学
45北上翔南高等学校総合学科北上市公立共学
45花巻東高等学校普通科スポーツコース花巻市私立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

岩手県の全国学力テスト偏差値は38で全国41位だ!

国語が全国9位と非常に高いレベルだが、数学と英語が大きくレベルを下げているぞ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

岩手県の結果は、国語が74(72.8)、数学が56(59.8)、英語が52(56)で平均が60.7(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

岩手県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

岩手県の公立入試は主に推薦入学者選抜と一般入学者選抜に分かれています。一般入学者選抜での、普通科と理数科には8つの通学区域があります。学区外からの定員は全体の10%いないとなります。推薦入学者選抜および普通科の一部の専門学科においては学区のしばりがありません。

推薦入学者選抜:1/28(火) 一般入学者選抜:3/6(金)、追検査3/12(木)

推薦入学者選抜:募集枠は定員の10%以内、専門学科については50%以内となります。選考方法は、内申書、面接に加え、学校学科により小論文や作文、実技試験などがあります。一般入学者選抜:学力検査:内申書・面接の比によって選考が変わります。Aは5:5、B3:7、C7:3の比率になり、Aの選考はどの学校学科でも実施されますが、BCの選考については各々で違うので確認しましょう。

学力検査に関して、5教科各50分にて実施で各100点500満点の試験となります。

岩手県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

約400語の長文、対話文が2-3題出題されます。長文のジャンルは説明文、物語、スピーチと様々のため色々な問題に当たっておくとよいでしょう。15語以上で書く英作文に加え語順を並べ替えるものも出題されます。指定された文章ではなく、自分の意見を述べさせる自由英作文を出題する傾向が強くなっています。身近な事柄を知っている英語を使って表現できるように練習しておきましょう。リスニングは試験時間50分のうち10分で4問配点は30点と割合が高いです。選択肢のイラストなどに目を通しておきポイントとなりそうなものを予測しておくことも対策の1つしょう。問題数が多いのでテンポよく正確に基礎文法の問題を解いていく必要があります。問題集などで数をこなし、単語だけでなく熟語で覚え、正確な長文読解をしていきましょう。

配点の20%は小問群で計算問題5問からなります。四則計算や2次方程式、1次関数の式を求める問題が出題されます。ここでミスなく得点に繋げられるように練習しておきましょう。この小問群は分野問わず、基本となる問題が出題されますので、苦手分野を克服して、得点に繋げていきましょう。また図形の証明問題は頻出です。ほかにも、文章や図や表から情報を読み取り、問題に対する理由や間違っている箇所を指摘させるような、考えさせられる問題が出題されています。いきなりでは解答できにくい問題なので、練習問題を繰り返し、添削もしてもらうようにしましょう。

約2000字の説明的文章は例年、様々なテーマの論説文が出題されるため日ごろから物事について考えているかどうかが問われています。文学は小説が多く出題されますが、エッセイが出題される場合も度々あります。登場人物の描写や心情を理解する力が必要でしょう。漢字の読み書き・同音異義語・四字熟語・部首・文法は出題される割合が高いので、この項目で取りこぼしの無いように復習していきましょう。古文か漢文のどちらかが例年出題されています。漢文に関してはの文法の基本を抑えておけば対応できるでしょう。音読をすることで、リズムが掴めて読みやすくなります。詩、短歌、俳句が毎年交代で出題されています。馴染みの少ない分野は問題集などで解きなれておきましょう。

圧力、ばね ばねののびと水圧、浮力がよく出題されています。圧力の計算では単位の変換にも注意が必要です。天気図の基礎天気図の記号も頻出なので、復習しておきましょう。物理の分野は電流回路、オームの法則、電子誘導、電流と磁界の基本問題が毎年出題されています。基本問題や計算問題の取りこぼしのないように抑えておきましょう。水溶液とイオンの実験は頻出です。実験結果だけでなく、前提となる条件を把握し結果から考えられることや規則性、そのあとの観察など、覚えるだけでなく、考え順序立てて覚えていくよういにしましょう。記述式で問われる場合もあるので、自分の言葉で説明する力と計算式を使いこなせるようにしておきましょう。

公民は特に経済分野がよく出て財政貿易などから出題されています。地図の図法や時差の計算が出題されているので練習しておきましょう。地理の日本分野では岩手県とはゆかりの少ない土地から出題されることが多いです。日本地図の位置関係や県名、県庁所在地、特産品など地域による特色をおさらいしておきましょう。歴史は各時代の文化や教育政治経済、外交などの仕組みや時代ごとの流れに沿って覚えておくようにしましょう。今、現代の時事問題が問われるので、新聞やニュースに関心を持って特に抑えておきましょう。資料から読み取る問題や写真を使った並べ替え問題も例年出題されるため資料集用いて学習しておきましょう。記述問題に関しては、とにかく書いてみて添削をしてもらうことが大切です。的確な言葉を選んで記述できるよう準備しておきましょう。

<参考サイト:岩手県教育委員会>

岩手県私立高校受験対策

盛岡中央

詳細未定(2019年9月現在) 例年は学力特待入試は国語・数学・英語マークシート方式。調査書入試は書類のみ、推薦・AO入試は面接での選考です。また前期・後期入試は3教科マークシート方式、後期のみ面接があります。特別入試は国語・数学・英語記述式問題と面接となっています。試験内容:全体を通して標準以上の問題が多く難易度は高いです。岩手の県立高校入試と同程度でしょう。マークシート方式での試験なので、マークミスのないよう慣れておくことが必要でしょう。特に数学は全分野から出題されるので、苦手を克服しておきましょう。基本問題で取りこぼさず、得点に繋げていきましょう。

<ホームページはこちら>

岩手

詳細未定(2019年9月現在) 調査書選抜、クラブ・一般推薦選抜があります。推薦は面接のみで、一般入学選抜は専願の場合は作文と面接、併願の場合は5教科での試験となるようです。面接を課される選抜方法があるので、面接練習をして慣れておきましょう。英語は長文読解の文章量の増加が見受けられます。時間内に正確な読解できるように、単語だけでなく熟語や語法、基本的な文法のどを抑えておきましょう。

<ホームページはこちら>

岩手県の私立高校をさらにみる!
盛岡白百合学園

詳細未定(2019年9月現在)推薦入試、個人面接のみ。調査書ダブル入試はS・A・B型に分かれていて、B型のみ集団面接があります。一般・専願・併願入試はいずれも国語・数学・英語3教科と専願。併願の受験者は個人面接があります。一般入試の倍率が高い場合があります。入試問題は県立高校と問題形式や問題量は大きく変わらないようです。難易度としては盛岡白百合学園のほうが、やや易しい出題になっています。

<ホームページはこちら>

盛岡大学付属

詳細未定(2019年9月現在) 推薦・一般入試があり、推薦は面接のみです。一般入試は前期日程は5教科にて、後期日程は作文と面接になります。作文は長い字数での問題が出題されることもありますので、自分の考えや意見を文章にできるよう練習し添削も受けるようにしましょう。数学は基本問題に加えて関数や図形の問題がよく出題されています。

<ホームページはこちら>

一関学院

詳細未定(2019年9月現在) 入試日程は1期2期があり、1期の推薦入試は作文と面接、2期は記述方式での出題となります。理科社会は中学1年生からの基本問題が出題されます。苦手分野を残さず、一通りおさらいしておき得点に繋げましょう。理科は実験に関する問題、社会は地図や写真、グラフといった資料を読み解く問題が出題されます。教科書だけでなく、資料集などを用いて知識を増やしておきましょう。

<ホームページはこちら>

株式会社リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」
ただいま高校生限定の超お得なキャンぺーンを随時実施中です!

・どこの大学が良いか決めかねている。。
・目標大学が遠方でなかなか行けない。。
・色んな大学を比較したい!
そんな方は資料請求するのがおすすめ!

↓ 資料請求希望は下の画像をクリック ↓

株式会社リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」
ただいま高校生限定の超お得なキャンぺーンを随時実施中です!

・どこの大学が良いか決めかねている。。
・目標大学が遠方でなかなか行けない。。
・色んな大学を比較したい!
そんな方は資料請求するのがおすすめ!

↓ 資料請求希望は下の画像をクリック ↓

スタディサプリ資料請求 【 大学資料請求キャンペーンページへ 】

宮城県の高校偏差値と入試対策

宮城県旗

宮城県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
72仙台第二高等学校仙台市青葉区公立共学
69仙台第一高等学校仙台市若林区公立共学
69宮城第一高等学校普通科仙台市青葉区公立共学
69宮城第一高等学校理数科仙台市青葉区公立共学
68仙台二華高等学校仙台市若林区公立共学
67仙台向山高等学校理数科仙台市太白区公立共学
67仙台第三高等学校普通科仙台市宮城野区公立共学
67仙台第三高等学校理数科仙台市宮城野区公立共学
66仙台向山高等学校普通科仙台市太白区公立共学
65仙台高等専門学校名取キャンパス機械システム科名取市国立共学
65仙台高等専門学校名取キャンパス電気システム科名取市国立共学
65仙台高等専門学校名取キャンパスマテリアル環境科名取市国立共学
65仙台高等専門学校名取キャンパス建築デザイン科名取市国立共学
65尚絅学院高等学校普通科特別進学コース仙台市青葉区私立共学
65聖ウルスラ学院英智高等学校普通科特別志学コースタイプ1仙台市若林区私立共学
65仙台白百合学園高等学校LSコース仙台市泉区私立女子校
64泉館山高等学校仙台泉区公立共学
64宮城野高等学校総合学科仙台市宮城野区公立共学
63東北学院高等学校普通科仙台市宮城野区私立男子校
62宮城学院高等学校普通科アドバンストコース仙台市青葉区私立女子校
62泉高等学校普通科仙台市泉区公立共学
62仙台高等専門学校広瀬キャンパス知能エレクトロニクス工学科仙台市青葉区国立共学
62仙台高等専門学校広瀬キャンパス情報システム科仙台市青葉区国立共学
62仙台南高等学校仙台市太白区公立共学
62宮城野高等学校普通科仙台市宮城野区公立共学
61仙台高等専門学校広瀬キャンパス情報ネットワーク科仙台市青葉区国立共学
60石巻高等学校石巻市公立共学
60聖ウルスラ学院英智高等学校普通科特別志学コースタイプ2仙台市若林区私立共学
58泉高等学校英語科仙台市泉区公立共学
58仙台東高等学校普通科仙台市若林区公立共学
58多賀城高等学校普通科多賀城市公立共学
58宮城野高等学校美術科仙台市宮城野区公立共学
58仙台育英学園高等学校普通科特別進学コース仙台市宮城野区私立共学
58東北高等学校普通科創進コース仙台市青葉区私立共学
57宮城学院高等学校普通科クリエイテイブコース仙台市青葉区私立女子校
57富谷高等学校普通科理数コース富谷市公立共学
57多賀城高等学校災害科学科多賀城市公立共学
57仙台白百合学園高等学校LIコース仙台市泉区私立女子校
56古川学園高等学校普通科進学コース大崎市私立共学
56仙台三桜高等学校仙台市太白区公立共学
56古川高等学校大崎市公立共学
56仙台白百合学園高等学校LEコース仙台市泉区私立女子校
56東北学院榴ヶ岡高等学校仙台市泉区私立共学
55石巻好文館高等学校石巻市公立共学
55富谷高等学校普通科人文コース富谷市公立共学
55富谷高等学校普通科国際コース富谷市公立共学
55白石高等学校普通科白石市公立共学
55聖和学園高等学校普通科特別進学文理コース仙台市若林区私立共学
55仙台市立仙台高等学校仙台市青葉区公立共学
55聖和学園高等学校普通科特別進学文理コース仙台市若林区私立共学
55仙台西高等学校仙台市太白区公立共学
55仙台東高等学校英語科仙台市若林区公立共学
55富谷高等学校普通科人文コース富谷市公立共学
55富谷高等学校普通科国際コース富谷市公立共学
55白石高等学校普通科白石市公立共学
55仙台市立仙台高等学校仙台市青葉区公立共学
55仙台西高等学校仙台市太白区公立共学
55仙台東高等学校英語科仙台市若林区公立共学
55仙台城南高等学校特進科仙台市太白区私立共学
55仙台城南高等学校特進科仙台市太白区私立共学
54常盤木学園高等学校普通科スーパー両立コース仙台市青葉区私立共学
54聖和学園高等学校普通科特別進学理数コース仙台市若林区私立共学
54気仙沼高等学校気仙沼市公立共学
54宮城県工業高等学校情報技術科仙台市青葉区公立共学
53尚絅学院高等学校普通科文理進学コース仙台市青葉区私立共学
53常盤木学園高等学校普通科国際コース仙台市青葉区私立共学
53聖ドミニコ学院高等学校普通科特別進学コースα系仙台市青葉区私立女子校
52佐沼高等学校登米市公立共学
52古川黎明高等学校大崎市公立共学
51名取北高等学校名取市公立共学
51仙台市立仙台商業高等学校仙台市泉区公立共学
51宮城県工業高等学校機械科仙台市青葉区公立共学
51宮城県工業高等学校電子機械科仙台市青葉区公立共学
51宮城県工業高等学校インテリア科仙台市青葉区公立共学
51利府高等学校普通科宮城郡利府町公立共学
50仙台育英学園高等学校普通科外国語コース仙台市宮城野区私立共学
50石巻西高等学校東松島市公立共学
50泉松陵高等学校仙台市泉区公立共学
50宮城県工業高等学校化学工学科仙台市青葉区公立共学
49角田高等学校普通科 角田市公立共学
49仙台市立仙台工業高等学校建築科仙台市公立共学
49仙台市立仙台工業高等学校機械科仙台市公立共学
49仙台市立仙台工業高等学校電気科仙台市公立共学
49仙台市立仙台工業高等学校土木科仙台市公立共学
49宮城広瀬高等学校普通科仙台市公立共学
48尚絅学院高等学校普通科総合進学コース仙台市私立共学
48仙台城南高等学校探究科仙台市私立共学
48塩釜高等学校普通科塩竈市公立共学
48築館高等学校普通科栗原市公立共学
48古川工業高等学校電気電子科大崎市公立共学
48宮城県工業高等学校電気科仙台市公立共学
48利府高等学校スポーツ科学科宮城郡公立共学
47石巻工業高等学校機械科石巻市公立共学
47石巻工業高等学校電気情報科石巻市公立共学
47石巻工業高等学校科学技術科石巻市公立共学
47石巻工業高等学校土木システム化石巻市公立共学
47石巻工業高等学校建築科石巻市公立共学
47白石工業高等学校機械技術科白石市公立共学
47白石工業高等学校電気科白石市公立共学
47白石工業高等学校工業化学科白石市公立共学
47白石工業高等学校建築科白石市公立共学
47白石工業高等学校設備工業科白石市公立共学
47桜坂高等学校普通科学励探究コース石巻市公立共学
47白石高等学校看護科白石市公立共学
47聖ウルスラ学院英智高等学校普通科尚志コース仙台市私立共学
47仙台城南高等学校科学技術科仙台市私立共学
47常盤木学園高等学校普通科リバティコース仙台市私立共学
47古川工業高等学校土木情報科大崎市公立共学
47古川工業高等学校建築科大崎市公立共学
47古川工業高等学校機械科大崎市公立共学
47古川工業高等学校化学技術科大崎市公立共学
46大河原商業高等学校流通マネジメント科柴田郡公立共学
46大河原商業高等学校情報システム科柴田郡公立共学
46大河原商業高等学校OA会計科柴田郡公立共学
46東北高等学校普通科文理コース仙台市私立共学
46常盤木学園高等学校音楽科仙台市私立共学
46登米高等学校普通科登米市公立共学
46名取高等学校普通科岩沼市公立共学
46迫桜高等学校総合学科栗原市公立共学
45岩ヶ崎高等学校普通科文系教養コース栗原市公立共学
45岩ヶ崎高等学校普通科理系教養コース栗原市公立共学
45東北生活文化大学高等学校普通科特別進学コース仙台市私立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

宮城県の全国学力テスト偏差値は44で全国32位だ!

岩手県同率で9位の国語は全国レベルだが、英語レベルアップがもう少し必要だ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

宮城県の結果は、国語が74(72.8)、数学が58(59.8)、英語が53(56)で平均が61.7(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

宮城県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

宮城県の公立入試は主に推薦入試となる前期選抜と一般入試試験となる後期選抜に分かれます。受験倍率は1.10とそこまで高くはありません。そこまで難しい問題が出題される事はないでしょう。前期選抜は国語、数学、英語の3教科で1教科100点の3教科合わせ300点満点です。平均は数学が一番低く国語が一番高いです。また、学校独自調査というものがあるのが特徴で面接、実技、作文などから1つ以上実施されます。後期選抜は1教科100点の5教科合わせて500点満点で、全教科とも平均は50点を上回っています。その中でも一番高いのは社会です。中学1年生からから中学3年生までの科目内容の基礎をしっかりと復習しておくと良いでしょう。

前期選抜:1/31(木)後期選抜:3/6(水)第二次募集:3/19(火)

2020年から前期選抜と後期選抜を廃止し、第一次募集となります。選抜方法は共通選抜と特色選抜の2通りで合否を判定し最初にどちらかの選抜方法で合格圏に入らなかった受験生は、もう一方の選抜方法で最終判定を行います。選抜する順番は各高校が決定するため受験生が決めることはできません。第一次募集で定員に満たない学校は第二次募集を実施します。

共通選抜:5教科500点満点の学力検査と調査書の点数(195点満点)の相関図を基に満点に近い上位生徒から選抜していきます。調査書は5教科の3年間の合計75点と実技4教科の3年間の合計×2倍の120点の合算になります。学力検査と調査書の比重は7:3~5:5~3:7と各学校の学科ごとに設定しています。※実技評価を選抜資料に加える場合もあります。特色選抜:学力検査・調査書点と面接・実技・作文を総合的に審査し合計し選抜します。特色選抜の対象者は選抜人数の120%~200%までの間で各校が決定します。全ての配点や倍率は各高等学校が決定します。その他連携型選抜や定時制課程で実施する社会人特別選抜があります。

宮城県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

例年、リスニング、文法と語彙、長文総合2題、読解と英作文の大問5問構成で少問題は30問程度です。配分としては会話文が多めで指示語の内容、整序作文、適語句補充、適文選択、内容一致などが多めなので英問英答が出来るよう普段から聞くこと、話すことを重視しておくと良いでしょう。また、長文形式の文法問題も例年出されているのでこちらの対策もしておくと良いでしょう。そして、自由英作文も3年連続で出題しているので何を題材にするのか、どのような構成にするのか等の自前対策もしておくとスムーズに書いていくことができると思います。

例年、4題構成で小問題は25問程度です。配分としては連立方程式の文章問題、平面図形の計量(回転移動)、関数y=a×2、確率(コインの裏表と点の移動)の独立問題が多めです。また、2次方程式や反比例、立体図形の計量なども毎年出題しています。そして、確率と統計の問題も毎年出題されているので資料を活用した問いの復習もしておいた方が良いでしょう。この通り満遍なく出題されているのでどんな問題が出ても良いように復習しておくと良いでしょう。

大問は小説、論理的文章、古典、漢字と話し合い、作文の5構成になっています。全体的に設問の難易度はそこまで難しくはないです。問題料も標準です。配分としては、小説と論理的文章が多めに出題されています。小説は心情の把握、内容把握、理由の説明や主題の把握です。論理的文章からは接続詞、副詞挿入、内容把握、要旨把握、表現の把握などが出題されています。そして、課題作文は毎年出題しているのでテーマ、構成、配分時間などを事前に考えスムーズに書けるよう準備しておくと良いでしょう。

大問は5つで小問集1つ、物理、科学、生物、地学分野から1つずつ出題されています。特徴としては、植物の細胞、電磁誘導、電力、液体の性質、分子のモデル図などの少問題が多めです。その中でも電気分解、化学電池とイオン、生物の成長と増え方は毎年出題されています。そして、作図問題は3年連続で出題されているのでこちらも要復習です。

社会の特徴は少問題は30程度で論述問題が各大問に1題ずつ出題されています。配分としては、世界地理、公民、日本史、日本地理、世界地理、融合問題が均等に出題されています。満遍なく復習しておくと良いでしょう。特に歴史に関しては3年連続で出題されているものもあるので重点的に見直しておくと良いでしょう。

<参考サイト:宮城県教育委員会>

宮城県私立高校受験対策

仙台白百合学園

入試形式:推薦入試、専願入試、一般入試 推薦入試は個人面接に作文(スカラー試験希望者5教科筆記試験と集団面接あり) 試験日1/15 合格発表1/16、専願入試・一般入試は国・数・英各50分3教科筆記試験(専願のみ個人面接) 試験日2/4・2/6 合格発表2/8 試験難易度は宮城県公立高校の入試問題レベルより比較的易しい程度の難易度で、日常の授業でカバー可能な程度のようです。日々の学習の積み重ねと過去問を重点的に行えば良いように思われます。

<ホームページはこちら>

東北学院

推薦入試:試験日1/15 発表日1/16 一般入試:試験日A2/4B2/6 発表日2/10 試験方式:各50分5教科筆記試験問題傾向:数学:1から4問で大構成されており第一問、第二問は基礎計算を中心とする基本問題が出題される。第三問は関数問題で四問は証明問題です。数学は公立高校入試問題と近い傾向になっています。英語:大構成が1から8問です。そのうち7つは記号で回答する選択問題です。選択肢から正しい答えの見極めが必要となってくるので確実な知識が必要となってきます。

<ホームページはこちら>

宮城県の私立高校をさらにみる!
宮城学院

入試形式:推薦入試は面接のみ 試験日1/15 一般入試・私立第一入試・宮城学院専願入試はAB両日程入試とも国・英・数3教科40分試験 試験日:2/4・2/6 試験の内容がかなり特殊で通常の授業によるカバーは難しいようです。その出題の特殊性から具体的にどの科目のどの分野を勉強するといった勉強の目安や頻出問題など出題傾向は特になく、過去問で対策する以外の方法が無いようです。過去に出題した問題がもう一度出題されることが多々あり、大半の生徒が公立を第一希望にしすべり止めで入学しているようなので、よほど難易度の高い問題が出題されるわけではなさそうです。

<ホームページはこちら>

聖ウルスラ学院英智

入試形式:一般出願試験日:2/4・2/6各3教科50分合格発表2/10志学コース試験日1/16各5教科30分合格発表1/17試験問題傾向:数学:基礎問題から思考力を要するものまでバランス良く出題されます。中学数学のほぼ全分野から出題されるためしっかりと復習し見直しておく必要があります。英語:文法問題は基本的な文法事項が幅広く出題され会話文や長文問題では会話の流れを理解する力や和文英訳などの力が必要になってきます。国語:小説文・論説文・漢字の読み書きから出題されます。漢字問題の難易度はそこまで難しくはありません。

<ホームページはこちら>

仙台育英

入試形式:一般出願試験日2/4・2/6合格発表2/10推薦出願試験日1/15合格発表1/16マークシート式:特別進学コース・英進進学コース・情報科学コースは5科目フレックス・技能開発コースは3科目試験方式:マークシート式:国語・数学・英語は独自問題もあります。数学は独自問題と基礎問題ともに大問5題程度です。英語は独自問題が大問4題程度で基礎問題は大問5題程度です。長文から解答を選ぶものも出題されるのでここの復習はしかりしておきましょう。

<ホームページはこちら>

2019宮城県高校偏差値ランキング!【学科・制服・校則・通学】編
宮城県といえば牛タン!とイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?もちろん宮城県は牛タン発祥の地で人気の老舗牛タン店なども多くあり、人々を引き付けています。しかし宮城県の魅力はそれだけではありません。サメといえば沖縄県のイメージがある...

秋田県の高校偏差値と入試対策

秋田県旗

秋田県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域共学・男子・女子国公私立
71秋田高等学校秋田市公立共学
67秋田南高等学校秋田市公立共学
62秋田北高等学校秋田市公立共学
62秋田中央高等学校秋田市公立共学
62横手高等学校横手市公立共学
60秋田工業高等専門学校機械工学科秋田市国立共学
60秋田工業高等専門学校電気情報工学科秋田市国立共学
60秋田工業高等専門学校物質工学科秋田市国立共学
60秋田工業高等専門学校環境都市工学科秋田市国立共学
60明桜高等学校普通科特別進学コース秋田市私立共学
59大館鳳鳴高等学校大館市公立共学
59本荘高等学校由利本荘市公立共学
58大曲高等学校普通科大仙市公立共学
58能代高等学校能代市公立共学
58湯沢高等学校湯沢市公立共学
57聖霊女子短期大学付属高等学校普通科特進コース秋田市私立女子校
56明桜高等学校普通科文理コース秋田市私立共学
55秋田工業高等学校機械科秋田市公立共学
55秋田工業高等学校電気エネルギー科秋田市公立共学
55秋田工業高等学校土木科秋田市公立共学
55秋田工業高等学校建築科秋田市公立共学
55秋田工業高等学校工業化学科秋田市公立共学
55新屋高等学校秋田市公立共学
54秋田工業高等学校機械科秋田市公立共学
54秋田工業高等学校電気エネルギー科秋田市公立共学
54秋田工業高等学校土木科秋田市公立共学
54秋田工業高等学校建築科秋田市公立共学
54秋田工業高等学校工業化学科秋田市公立共学
54新屋高等学校秋田市公立共学
54聖霊女子短期大学付属高等学校普通科国際コース秋田市私立女子校
53秋田市立秋田商業高等学校秋田市公立共学
53秋田西高等学校潟上市公立共学
53大曲高等学校商業科大仙市公立共学
51大館国際情報学院高等学校普通科大館市公立共学
51角館高等学校仙北市公立共学
51増田高等学校総合学科横手市公立共学
50聖霊女子短期大学付属高等学校普通科普通コース秋田市私立女子校
50明桜高等学校普通科総合研究コース秋田市私立共学
50由利高等学校由利本荘市公立共学
50横手清陵学院高等学校普通科横手市公立共学
49秋田北鷹高等学校普通科北秋田市公立共学
49大館国際情報学院高等学校国際情報科大館市公立共学
49大曲工業高等学校電気科大仙市公立共学
49能代松陽高等学校普通科・国際コミュニケーション科能代市公立共学
49湯沢翔北高等学校普通科湯沢市公立共学
49湯沢翔北高等学校総合ビジネス科湯沢市公立共学
49湯沢翔北高等学校総合ビジネス科湯沢市公立共学
48大曲工業高等学校機械科大仙市公立共学
48大曲工業高等学校土木・建築科大仙市公立共学
48横手城南高等学校普通科横手市公立共学
48横手清陵学院高等学校総合技術科横手市公立共学
47金足農業高等学校生物資源科秋田市公立共学
47金足農業高等学校環境土木科秋田市公立共学
47金足農業高等学校食品流通科秋田市公立共学
47金足農業高等学校造園緑地科秋田市公立共学
47金足農業高等学校生活科学科秋田市公立共学
47西目高等学校総合学科由利本荘市公立共学
47花輪高等学校普通科鹿角市公立共学
46大館桂桜高等学校普通科・生活科学科大館市公立共学
46国学館高等学校普通科特進コース秋田市私立共学
46能代工業高等学校機械科能代市公立共学
46能代工業高等学校電気科能代市公立共学
46能代工業高等学校建設科能代市公立共学
46平成高等学校普通科横手市公立共学
45大曲農業高等学校農業科学科大仙市公立共学
45大曲農業高等学校生活科学科大仙市公立共学
45大曲農業高等学校食品科学科大仙市公立共学
45大曲農業高等学校園芸科学科大仙市公立共学
45能代松陽高等学校情報ビジネス科能代市公立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

秋田県の全国学力テスト偏差値は70で全国2位だ!

国語が全国1位、数学が2位、英語が7位とどの教科も全国トップレベルだ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

秋田県の結果は、国語が78(72.8)、数学が65(59.8)、英語が57(56)で平均が70(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

秋田県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

秋田県の公立入試は主に推薦入試となる前期選抜と一般入試となる後期選抜に別れます。前期選抜は国語・数学・英語の3科目で各45分の100点満点です。後期選抜は国語・社会・数学・理科・英語の5教科で国語・数学・英語は各60分で社会・理科は各50分で行われます。

前期選抜:1/29(火)後期選抜:3/5(火)

前期選抜:学力検査または口頭試問及び面接の調査書・志願理由書・学力検査または口頭試問の成績・面接等の評価に関する資料その他必要な書類等によって総合的に行われる。後期選抜:学力検査及び面接が実施されます。選抜方法は調査書・学力検査の成績・面接の評価に関する資料等によって総合的に行われます。

前期選抜:国語・数学・英語の3科目100点満点で各45分です。後期選抜:国語・社会・数学・理科・英語の5科目で100点満点で国語・数学・英語は各60分です。社会・理科は各50分です。

秋田県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

英語では、例年リスニング・読解と英作文2題・会話文・長文総合の大門が5題構成です。少問題は40問程度で多めの配分です。また記入する選択式・記述式・の両方が採用されており中に完文で記入する英作文も見られます。配分としてはリスニング問題で絵を選択する・応答分・英文と質問・対話と質問が多めです。短めの対話を聞いて回答するものやビジュアル問題・リスニング総合問題は例年出題されているので普段から聞くことを意識して復習しておくと良いでしょう。

数学の特徴は量はそこまで多くなく難易度もそこまで高くはありません。時間内に対応出来る量ですが記述問題などに時間を取られないように注意が必要です。配分としては数の計算・式の計算・1次方程式の解いと定数・2次方程式・反比例・資料の活用・平方根の性質・平面図と計量3題・回転体・円錐・2次関数・作図などの独立問題が半分を占めます。的を絞らず満遍なく復習し頭に入れておくことが大切です。図形問題も幅広く出題されるので念入りに見直しておきましょう。

国語では大問は6大構成で放送問題・小説・論理的文章・国語の知識・古典・作文と幅広い分野から出題されています。配分としては小説の分野が一番多く特に決まった設問形式はないが文章の内容に関する話し合いの中で必要な事柄を問うものもあるので丁寧な読解を心がけましょう。論理的文章の設問では抜き出しが多いので答えとなる表現をすばやく探す力が求められます。また作文は毎年出題されているので与えられたテーマについて自分の考えを書くものです。指定数が多いので文章構成などをあらかじめ決めておくとスムーズに書けるでしょう。

全体の構成は大問は5つで配分としては各分野からほぼ均等に出題されます。難易度は比較的高いです。短文記述や答えを導く過程の記述や作図なども出題されるので問題数からすると時間的に余裕がなくなってしまいます。ですので瞬時に解答が出来るように頭に入れておく事が大切です。回答する流れとしては確実に得点できる部分を見つけ出しその部分から回答していくと良いでしょう。

社会では小問数は35~40前後です。年度によって地理・歴史・公民の分野をまたいだ融合問題が1つの大問になっている事もあります。出題される内容のレベルは毎年変化がないので昨年度の問題を確認しておくと良いでしょう。配分としてはどの分野も均等に出題されます。その中でも地図は必ず使われているので地図帳を使っての復習はしておいた方が良いでしょう。歴史的問題では一定のテーマが設けられていてそのテーマに関する年表が題材となった問題になっています。出題される時代の範囲は幅広いので対策として複数のテーマを設定しそのテーマに関する内容を写真や史料などを交えて年表に復習しておきましょう。

<参考サイト:秋田県教育委員会>

秋田県私立高校受験対策

明桜

詳細未定(2019年9月11日現在)前期選抜は国語・数学・英語の3教科の筆記試験と面接があります。文理・総合研究・特進α・特進βの4学科があります。第4希望まで選ぶことが可能ですが入試の成績により上位の学科での合格となります。専願入試は一般入試と比べ合格可能性が高い傾向にあります。後期選抜は国語・数学・英語・理科・社会の5教科の筆記試験と面接を行います。文理・総合研究・特進α・特進βの4学科があります。第4希望まで選ぶことが可能ですが入試の成績により上位の学科での合格となります。専願と併願では合格ボーダーラインが違うため、専願受験のほうが合格可能性は高いです。

<ホームページはこちら>

聖霊女子短期大学付属高

入試形式:一般出願試験日:2/1(土)各5科目推薦入試試験日:1/10(金)各3科目前期選抜は特別進学・国際・総合進学の3つの学科があり、第一希望の学科により入試科目が異なります。専願入試は一般入試と比べ合格可能性が高い傾向にあります。特進:国語・・英語・数学の3教科の筆記試験と面接があります。国際:国語・英語の2教科の筆記試験と面接があります。総進:作文と面接があります。後期選抜は特別進学・国際・総合進学の3つの学科があり第一希望の学科により入試科目が異なります。専願と併願では合格ボーダーラインが違うため専願受験のほうが合格可能性は高い傾向にあります。特別進学は国際:国語・数学・英語・理科・社会の5教科の筆記試験と面接がります。総合進学は国語・数学・英語の3教科の筆記試験と面接があります。

<ホームページはこちら>

秋田県の私立高校をさらにみる!
国学館

入試形式:前期入試(専願)は国・数・英3教科筆記試験と面接 試験日1/8 発表日1/9 一般入試専願は国・数・英3教科筆記試験と面接 併願は5教科と面接 試験日2/7 発表日2/13後期入試(専願)特進は国・数・英3教科筆記試験と面接 特進以外は総合問題と面接 試験日3/19 発表日3/20 入試難易度はかなり低く、日常の授業でカバーしきれる程度の難易度のようです。

<ホームページはこちら>

秋田修英

入試形式:推薦入試 A推薦は面接、B推薦は作文と面接のみ 試験日1/9発表日は1/10 一般入試 第一次は国・数・英50分3教科試験と面接 試験日2/14発表日2/18 第二次は国・数・英50分3教科試験と面接 試験日3/21発表日3/23 筆記試験の点数よりも面接での態度などで判断する面が強いようで、筆記試験の内容は通常の授業程度でカバーできる程度の難易度なので面接を重点的にトレーニングする必要がありそうです。

<ホームページはこちら>

秋田和洋女子

入試形式:推薦入試は600字~800字程度の作文と面接のみ 試験日1/8発表日1/9 一期入試は国・数・英50分3教科の筆記試験と面接 試験日2/1発表日2/5 二期入試は国・数・英3教科まとめて60分の筆記試験と面接 試験日3/18発表日3/19 一般入試国語でも作文の出題があるため、制限時間内に書き上げられるように訓練する必要があります。

<ホームページはこちら>

山形県の高校偏差値と入試対策

山形県旗

山形県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
70山形東高等学校山形市公立共学
69山形南高等学校理数科山形市公立共学
68山形西高等学校山形市公立女子校
67山形南高等学校普通科山形市公立共学
66米沢興譲館高等学校米沢市公立共学
66日本大学山形高等学校普通科特別進学コース山形市私立共学
63鶴岡南高等学校鶴岡市公立共学
62酒田東高等学校酒田市公立共学
62長井高等学校長井市公立共学
61寒河江高等学校寒河江市公立共学
61山形中央高等学校普通科山形市公立共学
61東海大学山形高等学校普通科特進コース山形市私立共学
60山形北高等学校普通科山形市公立共学
60新庄東高等学校普通科Eコース新庄市私立共学
59新庄北高等学校新庄市公立共学
58鶴岡工業高等専門学校鶴岡市国立共学
58山形市立商業高等学校経済科山形市公立共学
58山形城北高等学校特進科山形市私立共学
58酒田南高等学校普通科特進国際コース酒田市私立共学
57山形市立商業高等学校総合ビジネス科山形市公立共学
56東桜学館高等学校東根市公立共学
56米沢東高等学校米沢市公立共学
55羽黒高等学校普通科特進コース鶴岡市私立共学
55羽黒高等学校普通科特進コース鶴岡市私立共学
55酒田西高等学校酒田市公立共学
55鶴岡北高等学校鶴岡市公立女子校
55山形市立商業高等学校国際コミュニケーション科山形市公立共学
55山辺高等学校看護科東村山郡山辺町公立共学
55酒田西高等学校酒田市公立共学
55鶴岡北高等学校鶴岡市公立女子校
55新庄東高等学校普通科Aコース新庄市私立共学
55山形市立商業高等学校国際コミュニケーション科山形市公立共学
55山辺高等学校看護科東村山郡山辺町公立共学
55新庄東高等学校普通科Aコース新庄市私立共学
55鶴岡東高等学校鶴岡市私立共学
55鶴岡東高等学校特進科鶴岡市私立共学
54羽黒高等学校国際科鶴岡市私立共学
54九里学園高等学校普通科プログレスコース米沢市私立共学
54山本学園高等学校普通科特進コース山形市私立共学
54山形工業高等学校情報技術科山形市公立共学
54日本大学山形高等学校普通科進学コース山形市私立共学
54米沢中央高等学校特別進学コース米沢市私立共学
52酒田光陵高等学校情報科酒田市公立共学
52鶴岡工業高等学校機械科鶴岡市公立共学
52鶴岡工業高等学校電気電子科鶴岡市公立共学
52鶴岡工業高等学校情報通信科鶴岡市公立共学
52鶴岡工業高等学校建築科鶴岡市公立共学
52鶴岡工業高等学校環境化学科鶴岡市公立共学
52鶴岡中央高等学校普通科鶴岡市公立共学
52東海大学山形高等学校普通科総合進学コース山形市私立共学
52米沢商業高等学校総合ビジネス科米沢市公立共学
52米沢商業高等学校情報ビジネス科米沢市公立共学
51上山明新館高等学校普通科上山市公立共学
51上山明新館高等学校情報経営科上山市公立共学
50新庄南高等学校普通科新庄市公立共学
50天童高等学校天童市公立共学
50山形工業高等学校機械科山形市公立共学
50山形工業高等学校電子機械科山形市公立共学
50山形工業高等学校電気電子科山形市公立共学
50山形工業高等学校建築科山形市公立共学
50山形工業高等学校土木科・化学科山形市公立共学
50山辺高等学校福祉科東村山郡山辺町公立共学
50日本大学山形高等学校普通科スポーツコース山形市私立共学
49鶴岡中央高等学校総合学科鶴岡市公立共学
49山辺高等学校食物科東村山郡公立共学
49米沢工業高等学校機械科・生産デザイン科米沢市公立共学
49米沢工業高等学校電気情報科米沢市公立共学
49米沢工業高等学校建築科・環境工学科米沢市公立共学
48山形北高等学校音楽科山形市公立共学
48酒田光陵高等学校機械制御科酒田市公立共学
48酒田光陵高等学校電気電子科酒田市公立共学
48酒田光陵高等学校環境技術科酒田市公立共学
48新庄南高等学校総合ビジネス科新庄市公立共学
48南陽高等学校普通科南陽市公立共学
48谷地高等学校普通科西村山郡公立共学
48山形中央高等学校体育科山形市公立共学
47上山明新館高等学校食料生産科上山市公立共学
47北村山高等学校総合学科尾花沢市公立共学
47酒田光陵高等学校普通科酒田市公立共学
47酒田光陵高等学校商業科ビジネス流通科酒田市公立共学
47酒田光陵高等学校商業科ビジネス流通科酒田市公立共学
47酒田光陵高等学校商業科ビジネス会計科酒田市公立共学
47新庄神室産業高等学校機械電気科新庄市公立共学
47新庄神室産業高等学校環境デザイン新庄市公立共学
47鶴岡東高等学校情報科鶴岡市私立共学
47山形学院高等学校情報創造科山形市私立共学
46寒河江工業高等学校機械科寒河江市公立共学
46寒河江工業高等学校電子機械科寒河江市公立共学
46寒河江工業高等学校情報技術科寒河江市公立共学
46庄内総合高等学校総合学科東田川郡公立共学
46新庄東高等学校普通科Sコース新庄市私立共学
46高畠高等学校総合学科東置賜郡公立共学
46東海大学山形高等学校普通科総合学習コース山形市私立共学
46羽黒高等学校普通科鶴岡市私立共学
46村山産業高等学校機械科村山市公立共学
46村山産業高等学校電子情報科村山市公立共学
46村山産業高等学校流通ビジネス科村山市公立共学
46山形学院高等学校総合普通科山形市私立共学
45鶴岡東高等学校体育科鶴岡市私立共学
45長井工業高等学校機械システム科長井市公立共学
45長井工業高等学校電子システム科長井市公立共学
45長井工業高等学校福祉生産セステム科長井市公立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

山形県の全国学力テスト偏差値は42で全国35位だ!

英語が足を引っ張っているぞ!英語を勉強することを心掛けよう!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

山形県の結果は、国語が73(72.8)、数学が58(59.8)、英語が55(56)で平均が53(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

山形県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

山形県の公入試は主に推薦入試となる前期選抜と一般入試となる後期選抜に分かれます。第1学年から第3学年の9教科5段階評定を記載します。後期選抜では、第3学年についての評定を500点満点に換算し、予め公表された調査書点と学力検査点の比率に応じて選抜時の点数化がされます。また、総合的な学習の時間の記録・特別活動等の記録・校外活動の記録等も選抜時に考慮されます。

前期選抜:2/5(日)後期選抜:3/10(日)

前期選抜:調査書・面接及び適性検査・作文・実技検査・基礎学力検査の結果を総合して行われる。後期選抜:調査書及び学力検査の成績などに基づいて行われる。

後期選抜では国語・社会・数学・理科・英語の各5科目100点満点です。各50分ずつです。

山形県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

例年、リスニング・読解と英作文・会話文・長文総合・英作文の大問5問構成で、小問数は30問程度です。選択式・記述式の両方が採用されており、記述式がやや多く、中には完文で書かせる英作文も見られます。配分としては文挿入位置選択・理由説明・内容把握・英問英答・内容一致文選択・適約文の適合補充などが含まれる総合的な長文の設問が多めです。また、英作文は毎年出題されています。意見交換やアドバイスといったテーマや自分の立場を明らかにして意見を述べるものが多く出題されています。4文以上の完文で記述させられるものが多く、自分の考えや身近な例について英文で書けるように練習・復習しておく事が大切です。

数学は大問4題で構成されています。特徴としては時間配分と内容はバランスが取れていますが難問も含まれるため時間配分には気をつけましょう。配分としてはそこまで偏りはないですが変化の割合、関数と図形の面積、1次方程式または連立方程式の利用、場合の数、確率などといった独立小問題が多めです。確率と仕様の活用は毎年出題されているので復習しておいた方が良いでしょう。また、形式や出題される単元がこの数年変わらない部分が多いので、まずはそれらに的を絞って学習をするのが効果的です。いくつかの単元を複合した問題が出題される場合もあるので、確率や資料の活用などの単元も含め、全範囲の基本事項は確実に押さえておくことが大切です。

大問は小説・論理的文章・古文・国語の知識・作文の5問構成です。文章はやや短く難度も易しい方です。記述量や作文量が多いので、書くことに慣れておいた方が良いです。配分としては漢字の読みがな・言語知識・理由説明・内容把握・表現把握・人物把握・文法・内容把握・理由説明・比喩表現・俳句の鑑賞・要旨把握が含まれる小説と論理的文章が多めです。作文は毎年出題されています。資料から読み取った内容と自分の考えをまとめるもので指定字数が長いので十分に対策しておいた方が良いでしょう。

理科では例年大問が8つで物理・化学・生物・地学分野から2つずつ記号選択・語句記述・作図・計算・短文記述などさまざまな形式の問題がバランス良く出されています。毎年作図問題は出題されているのでよく復習しておきましょう。基本・標準レベルの問題を普段からしっかりと演習しておけば一定の得点は取れでしょう。ただ、大問ごとに思考の必要な問題や計算問題や短文記述のいずれかが最低1つずつあるため高得点を狙う場合は全ての大問のリード文をしっかりと読んで理解しなければなりません。色々な問題を見直し実験や観察のパターンを記憶しておき見た事のある実験や観察については時間をかけずに対処するといった方法で、時間のかけ方にメリハリが必要となります。

社会は小問題が45問と時間に対して問題数が多いことが特徴です。配分としては全てのジャンルが隔たりなく出題されています。その中でも歴史の問題が特に多く出題されています。ここは念入りに復習しておきましょう。そして毎年度グラフの続きを書くという形式の作図問題が出題されています。また論述問題などに選択問題も導入されています。いずれにしても最後まであきらめずに表現ができるようになっておきましょう。

<参考サイト:山形県教育委員会>

山形県私立高校受験対策

九里学園

入試形式:推薦入試は800字程度の作文と面接、スポーツ・文化の場合は実技試験 試験日1/11発表日1/16 一般入試専願は50分5教科の筆記試験と面接 試験日1/31発表日2/6 併願は筆記試験のみ専願と同日、面接のみ後日 入試の難易度としては、日常の授業でも十分にカバーできる程度のように思われます。特に決まった出題傾向があるわけでもなく、ただ基礎的な内容だけが出題されているような印象です。

<ホームページはこちら>

創学館

入試形式:推薦入試(学業・部活動・ものづくり研究生・一般)は作文と面接のみ 試験日1/14内定発表1/16発表日1/31 一般入試専願・併願どちらも50分5教科の筆記試験 試験日1/28発表日1/31 入試の難易度としては、日常の授業でも十分にカバーできる程度のように思われます。特に決まった出題傾向があるわけでもなく、ただ基礎的な内容だけが出題されているような印象です。

<ホームページはこちら>

山形県の私立高校をさらにみる!
日本大学山形

入試形式:一般出願試験日:1/30推薦出願試験日:1/12傾向:英語はリスニング・適語補充・並び替え・長文問題が出題されています。リスニングを得点源とするために対策を行いましょう。数学は大問1が計算問題・大問2は小問集合・大問3から大問6は図形や関数の問題が出題されていますが関数の問題でも面積を問われる傾向があるので図形問題の対策は必ずしておきましょう。国語の大問1は論説文・大問2は小説文・大問3は古典という構成になっており、作文は出題されません。以前は選択問題が多く出題されていましたが近年は少なくなり記述式の問題が多い傾向です。理科も生物・地学・物理・化学がバランスよく出題されます。社会と理科は説明する等の記述問題は出題されていません。社会は地理・歴史・公民がバランスよく出題されいずれも図表の読み取りが多く出題されます。歴史上の人物の顔も覚えておきましょう。

<ホームページはこちら>

日本大学山形

入試形式:推薦入試はグループ面接のみ 試験日1/11発表日2/1 一般入試は50分5教科の筆記試験 試験日1/29発表日2/1 基本的に日常の授業の延長のような問題が出題されます。難易度としては年度によって差がみられるため、数年分の過去問題集で対策するのが一番良いように思われます。極端に難しい問題があるわけではないので、取れるところはしっかりと取るというようなリカバリーが大事だと言えるでしょう。

<ホームページはこちら>

東海大学山形

入試形式:推薦入試Ⅰは600字程度の作文と15分程度の面接 試験日は1/18発表日は1/22、1/31の学力到達度診断を受験する必要があります 推薦Ⅱは600字程度の作文と15分程度の面接 試験日は3/19発表日は3/19 学力診断は別途連絡されます 学業奨学生入試は5教科の筆記試験と15分程度の面接 試験日1/18発表日1/22 一般入試は5教科の筆記試験と15分程度の面接 試験日1/31発表日2/4 基本的に日常の授業の延長のような問題が出題されます。面接の内容も重視されるため、応用・発展問題を安定して解けるようにしつつ面接対策も重点的に行うことが必要かと思われます。

<ホームページはこちら>

福島県の高校偏差値と入試対策

福島県旗

福島県の高校偏差値はこちら!
偏差値高校名学科地域国公私立共学・男子・女子
71福島高等学校福島市公立共学
70安積高等学校郡山市公立共学
68磐城高等学校いわき市公立共学
67安積黎明高等学校郡山市公立共学
66会津高等学校会津若松市公立共学
66橘高等学校福島市公立共学
65白河高等学校理数科白河市公立共学
64日本大学東北高等学校普通科Ⅱコース郡山市私立共学
64福島工業高等専門学校機械システム工学科いわき市国立その他
64福島工業高等専門学校電気電子システム工学科いわき市国立その他
64福島工業高等専門学校化学・バイオ工学科いわき市国立その他
64福島工業高等専門学校都市システム工学科いわき市国立その他
64福島工業高等専門学校ビジネスコミュニケーション学科いわき市国立その他
63郡山高等学校普通科郡山市公立共学
63相馬高等学校理数科相馬市公立共学
63福島南高等学校文理科福島市公立共学
62磐城桜が丘高等学校いわき市公立共学
62福島東高等学校福島市公立共学
61郡山東高等学校郡山市公立共学
61福島成蹊高等学校普通科特別進学コース福島市私立共学
60郡山高等学校英語科郡山市公立共学
60須賀川桐陽高等学校数理科学科須賀川市公立共学
59須賀川桐陽高等学校普通科須賀川市公立共学
59原町高等学校南相馬市公立共学
59福島西高等学校普通科福島市公立共学
59福島南高等学校国際文化科福島市公立共学
58葵高等学校会津若松市公立共学
58いわき光洋高等学校いわき市公立共学
58松韻学園福島高等学校普通科特別進学コース福島市私立共学
58白河高等学校普通科白河市公立共学
58平工業高等学校情報工学科いわき市公立共学
58福島南高等学校情報会計科福島市公立共学
56尚志学園尚志高等学校普通科特別進学コース郡山市私立共学
56日本大学東北高等学校普通科Ⅰコース郡山市私立共学
56東日本国際大学附属昌平高等学校普通科特別進学コースいわき市私立共学
56福島工業高等学校情報電子科福島市公立共学
56福島西高等学校デザイン科学科福島市公立共学
56湯本高等学校いわき市公立共学
55いわき秀英高等学校いわき市私立共学
55桜の聖母学院高等学校普通科特別進学コース福島市私立女子校
55桜の聖母学院高等学校普通科特別進学コース福島市私立女子校
54学校法人石川高等学校普通科特別進学課程石川郡石川町私立共学
54福島県磐城第一高等学校普通科特進クラスいわき市私立女子校
54福島商業高等学校情報ビジネス科福島市公立共学
53桜の聖母学院高等学校普通科総合進学コース福島市私立女子校
53松韻学園福島高等学校普通科私立文系コース福島市私立共学
53福島商業高等学校会計ビジネス科福島市公立共学
52会津学鳳高等学校会津若松市公立共学
52会津若松ザベリオ学園高等学校普通科特別進学コース会津若松市私立共学
52郡山商業高等学校流通経済科郡山市公立共学
52郡山商業高等学校会計科郡山市公立共学
52郡山商業高等学校情報処理科郡山市公立共学
52福島商業高等学校経営ビジネス科福島市公立共学
51福島県磐城第一高等学校普通科普通クラスいわき市私立女子校
50あさか開成高等学校郡山市公立共学
50安達高等学校二本松市公立共学
50清陵情報高等学校情報電子科須賀川市公立共学
50清陵情報高等学校電子機械科須賀川市公立共学
50清陵情報高等学校情報処理科須賀川市公立共学
50清陵情報高等学校情報会計科須賀川市公立共学
50平工業高等学校制御工学科いわき市公立共学
50平工業高等学校オフィス会計いわき市公立共学
50平工業高等学校流通ビジネスいわき市公立共学
50平工業高等学校情報システムいわき市公立共学
50福島工業高等学校建築科福島市公立共学
50福島成蹊高等学校普通科普通コース福島市私立共学
50若松商業高等学校情報ビジネス科会津若松市公立共学
49郡山北工業高等学校建築科郡山市公立共学
49白河旭高等学校普通科白河市公立共学
49平工業高等学校機械工学科いわき市公立共学
49平工業高等学校電気工学科いわき市公立共学
49福島工業高等学校機械科福島市公立共学
49福島工業高等学校電気科福島市公立共学
49福島工業高等学校環境化学科福島市公立共学
49若松商業高等学校会計ビジネス科会津若松市公立共学
48小高産業技術高等学校産業革新科ICTコース南相馬市公立共学
48郡山北工業高等学校情報技術科郡山市公立共学
48尚志学園尚志高等学校普通科総合進学コース郡山市私立共学
48白河実業高等学校情報ビジネス科白河市公立共学
48須賀川高等学校普通科須賀川市公立共学
48須賀川高等学校オフィス情報科須賀川市公立共学
48相馬高等学校普通科相馬市公立共学
48平工業高等学校土木環境工学科いわき市公立共学
48保原高等学校普通科伊達市公立共学
47会津工業高等学校機械科会津若松市公立共学
47会津工業高等学校電気科会津若松市公立共学
47会津工業高等学校建築インテリア科会津若松市公立共学
47会津工業高等学校セラミック科学科会津若松市公立共学
47会津工業高等学校情報技術科会津若松市公立共学
47いわき総合高等学校総合学科いわき市公立共学
47喜多方高等学校普通科喜多方市公立共学
47郡山北工業高等学校機械科郡山市公立共学
47郡山北工業高等学校電気科郡山市公立共学
47郡山北工業高等学校電子科郡山市公立共学
47郡山北工業高等学校化学工学科郡山市公立共学
47仁愛高等学校第一看護科会津若松市私立共学
47勿来工業高等学校機械科いわき市公立共学
47勿来工業高等学校電子科いわき市公立共学
47勿来工業高等学校建築科いわき市公立共学
47東日本国際大学附属昌平高等学校普通科普通コースいわき市私立共学
47福島東稜高等学校看護科福島市私立共学
46小高産業技術高等学校産業革新科金融・経済コース南相馬市公立共学
46小高産業技術高等学校流通ビジネス科南相馬市公立共学
46学校法人石川高等学校普通科普通課程石川郡私立共学
46光南高等学校総合学科西白河郡公立共学
46田村高等学校普通科田村郡公立共学
46勿来工業高等学校電気科いわき市公立共学
46勿来工業高等学校工業化学科いわき市公立共学
46福島北高等学校総合学科福岡市公立共学
46福島東稜高等学校普通科特別進学コース福岡市私立共学
46ふたば未来学園高等学校普通科双葉郡公立共学
45会津若松ザベリオ学園高等学校普通科普通進学コース会津若松市私立共学
45小高産業技術高等学校機械科南相馬市公立共学
45小高産業技術高等学校電気科南相馬市公立共学
45小高産業技術高等学校産業革新科環境科学コース南相馬市公立共学
45小高産業技術高等学校産業革新科電子制御コース南相馬市公立共学
45郡山女子大学附属高等学校音楽科郡山市私立女子校
45郡山女子大学附属高等学校美術科郡山市私立共学
45白河実業高等学校電子科白河市公立共学
45聖光学院高等学校普通科福祉コース伊達市私立共学
45相馬東高等学校総合学科相馬市公立共学
45帝京安積高等学校普通科郡山市私立共学
45保原高等学校商業科伊達市公立共学

Yoshiyoshi 偏差値 イラスト
Yoshiyoshi

福島県の全国学力テスト偏差値は38で全国41位だ!

全ての教科で全国平均以下だ!高校で飛躍を目指せ!

Kaekae 偏差値 イラスト
Kaekae

福島県の結果は、国語が72(72.8)、数学が57(59.8)、英語が53(56)で平均が60.7(62.9)となっています。※カッコ内は全国平均

福島県公立高校受験概要

公立高校入試の特徴2020年公立高校受験日2020年公立高校受験内容配点割合

福島県の公立入試は主に前期選抜・連携型中高一貫選抜と後期選抜の2回があります。2020年の試験から制度の変更があるため、日程以外に定められている条件については変更される可能性があります。11月以降に公表される予定なので、確認しておきましょう。普通科のみ8つの学区によって受験できる高校が決まっています。

前期選抜・連携型中高一貫選抜:学力考査・面接3/4(水)その他、一般・特殊面接・特殊実技は3/4~6の間に実施されます。合格発表3/16(月) 後期選抜:3/24(火)合格発表3/25(水)

前期選抜:特殊選抜と一般選抜に分かれています。調査書の配点も学校学科により変動があります。学力考査は5教科で語はリスニング試験があります。特殊選抜については学力考査とは別に面接や作文または小論文、実技試験が学校学科によって課せられます。また、学校により問題の難易度で配点の比重を変える傾斜配点を実施します。後期選抜:面接と作文または小論文で選抜されます。

前期選抜:特殊選抜は募集定員の5~50%の範囲内で各高校学科ごとに設定されます。学力考査は5教科各50分の試験時間で各50点の250点満点で考査されます。

福島県公立各教科の受験対策

英語数学国語理科社会

試験時間は50分。550語程度の長文が出題されています。それとは別に450語程度のスピーチ文の読解も出題されています。少なくとも長文2題は出題されているので、長文を解き読むスピードや読解力をつけておく必要があります。日本語で書かれた内容を英文にする問題が例年出題されています。単語だけ覚えるだけでは無く習った文法、表現を使って文を書けるようにしておくことで、英作文対策と正確な長文読解に役立ちます。対話が成り立つように英文を書く問題も出題されています。解答を添削してもらい表現の幅を広げておきましょう。リスニングは約8分。配点の割合も大きいので対策が必要でしょう。日々CD等で音声を聞き耳慣れしておきましょう。

図形の証明問題が出題されます。記述で式解答させる問題なので練習問題をこなしておくことが大切です。特に高得点を習いたい場合は連立方程式の文章題や関数の応用、空間図形などが例年出題されています。苦手な方が多い分野でもあるので、理解しきれていない部分は克服して得点に繋げていきましょう。小問群は全体の6割を占める配点率になっています。ここは計算問題、関数や作図、確率の基本問題が出題されているので、取りこぼしのないように確実に解答し得点に繋げていきましょう。

2000字以上の小説が出題されます。文章問題が2題と200字程度で書く作文が1題出題されています。読解は10分程度で文章全体の内容を正確に抑えて解くことが必要になります。文章問題は小問数も多く配点の割合も大きいです。長い文章でも短時間で正確に理解できるよに、読解力を養っておうようにしましょう。普段から似た分量の文章題を練習して読解スピードも意識しておくと良いでしょう。また作文問題は題材から自分の意見に結び付けられるかがカギとなります。添削をしてもらいながら、問題文からキーワードを得て文章を書く練習をしておきましょう。小問群には、漢字や文法などの国語知識古典の基本問題も出題されています。得点に繋げられるようおさらいしておきましょう。

物体の移動が例年出題されています。特に、台車を使った実験、エネルギーの移り変わりがよく出題されています。物体にはたらく力と運動の様子を理解しておくことが重要です。また、地層、岩石がよく出題されています。柱状図から地層の広がりを考える問題や示相化石、示準化石に関する問題がよく出ます。地層の比較や化代表的な化石をおさらいしておきましょう。例年各分野から出題されているので、分からない、理解しきれていない分野があれば解決しておきましょう。

表やグラフを、資料を読み取り、文章で記述する問題が出題されています。資料の読み取りや用語の記述などの問題をたくさん解いて慣れておきましょう。解き方のパターンを理解しておくことが大切です。歴史の分野では、並べ替え問題が出題されています。暗記するのはもちろんのこと、時系列に沿って出来事が起こった理由や関わった人物なども併せて覚えていきましょう。

<参考サイト:福島県教育委員会>

福島県私立高校受験対策

福島成蹊

入試形式:推薦入試(一般・スポーツ・スポーツ特待)12/26(木)合格発表1/7(火)面接と作文で選考されます。一般入試1期1/6(月)合格発表1/20(月)2期3/17・18(火・水)合格発表3/18(水)です。学科試験は3教科で全体的に県立高校よりやや難しい問題も出題されています。国語のことわざや故事成語が出題されます。基本問題で取りこぼさないようおさらいしておきましょう。個人面接は将来の夢や高校で頑張りたいことなどが聞かれるようです。学力考査だけではなく、面接練習も併せてしておきましょう。

<ホームページはこちら>

日大東北

入試形式:推薦入学試験(学業・体育)1/21・22(火・水)合格発表1/24(金)書類審査、個人面接、体育は実技試験があります。一般入学試験1/31(金)合格発表2/6(木)国語・数学・英語の3教科各60分。マークシート方式での学力考査と個人面接があります。県立高校入試よりやや難しい問題も出題されています。各教科の基本を抑え取りこぼしのないようにしましょう。また面接練習も自分の言葉で意見が伝えられるようにしておきましょう。

<ホームページはこちら>

福島県の私立高校をさらにみる!
いわき秀英

入試形式:1/16(木)合格発表1/24(金)国語・数学・英語の3教科各50分マークシート方式。英語のリスニング試験はありません。2019年9月現在に公表されているのは案となっているため、確認が必要です。県立高校入試よりも難しい問題が出題されています。例年出題傾向も変わっていないようなので、過去問を解き問題になれてパターンを蓄積しておきましょう。マークシート方式なので、マークミスをしないように何度かは練習しておくと良いでしょう。

<ホームページはこちら>

松韻学園福島

詳細未定(と2019年9月現在)推薦入学試験は作文と面接。一般入学試験は国語・数学・英語の3教科または5教科の学科試験と面接によって選考されます。受験学科によってどちらかの選考方法になります。県立高校入試より、やや易しい問題が出題されています。同じ対策でカバーできます。問題の難易度を見極め時間配分を考えて解答していきましょう。

<ホームページはこちら>

尚志学園尚志

入試形式:単願入学試験(スポーツ推薦・学業推薦・文化諸活動推薦・専願)1/20(月)合格発表1/30(木)個人面接、スポーツ推薦受験者は実技テストがあります。すべての受験者に入学後学習サポートチェックがあり、専願受験者のみ結果を総合的に判断することとなります。併願入学試験(特待併願・推薦併願の場合)1/17(金)合格発表1/30(木)特待併願は集団面接・国語・数学・英語の3教科各50分の記述式試験でリスニング試験はありません。推薦特待は集団面接のみです。併願入学試験(先以外)1/20・21(月・火)5教科各50分記述式試験。リスニング試験はなく、合否判定には5教科のうち高得点3教科を採用して選考されます。個人面接が実施される場合もあります。数学は計算問題が多く出題されています。基本を抑えておけば得点できる問題なので、復習しておきましょう。面接は志望理由や、携帯電話の是非についてなど、自分の意見を簡潔に答えられるよう練習をしておきましょう。

<ホームページはこちら>

国立高校&高等専門学校受験対策

国立高専の入試の特徴

公立高校の入試よりかは若干難しい問題になります。どの教科も応用問題を中心の構成のため、公式や暗記中心の学習法だけでは難しいため発想力を鍛えるために過去問を中心に問題を沢山解いていくようにしましょう。

英語

過去3年の大問は6題となっています。長文が3題ほど出題され得点割合も高いので、しっかりと文章の意図を把握する必要があります。発音問題は過去2年、3年前には出題されていましたが、昨年度は出題されていませんでした。長文は問題文をよく読み出題内容を把握してから長文を読んでいくことで、長文を繰り返し読むことなく理解しやすいでしょう。

数学

過去3年は大問4つの構成となっています。問題数も約20問と少なく5点配点の問題が多いため、計算等でケアレスミスをしないように注意しましょう。各都道府県の公立問題よりは計算問題が少なく文章題が多く使用されている感があります。公立では証明問題を最後の大問に使用することが多いですが、国立高専問題では途中で使用されることが多いので時間配分に注意が必要です。

国語

現代文は漢字理解や敬語、慣用句などの基礎知識の定着度合と、資料を基に自身の考えを300字から400字程度で述べる論述問題があり、問題解決へ向けた柔軟な思考力とそれを言葉にして表現する能力が求められます。古文・漢文の分野では古文をしっかりと読めること、漢文は訓読文の読む順番を把握していること、内容を理解できることが求められます。論述は資料の読み解きに時間を要するので、時間配分をしっかりと行う必要がある。普段から読書をし、知識の幅を広げたうえで自分の意見を400字程度にまとめることを習慣化し、漢字や敬語といった基礎的な日本語知識に加えて、古文・漢文に触れる機会を増やしましょう。

理科

過去3年間は大問8問構成です。どの大問も平均12~14点と均一であり、出題単元も毎年変わるため苦手単元を残さないように学習することが必要です。計算問題やグラフを使った問題はよく出題されやすいので、質量や地震、電気等の公式はきちんと覚えておきましょう。

社会

社会では、地理(世界・日本)、日本史、歴史、公民の4項目から出題され分野融合問題も含まれます。過去3年は大問8つ構成で各分野均等に出題されています。地理の問題では雨温図を扱う問題が過去三年すべてで出題されているので対策は必須でしょう。また間違っているものを選択する問題もあるので地理に関してはしっかりと対策する必要があります。歴史の問題は3年間で近代史が絶対に出題されており、他の大問2つはランダムになっています。古代史の出題割合は少なくなっていますが、出題されている年もあるので対策することに越したことはないですが、もしどうしても対策しきれない場合は例年の後回しでもよいかもしれません。世界史の問題も含まれることがありますが、基本的に日本と関係する国の問題が多くなっており、日本史の対策を怠らなければ解ける問題が多いです。公民は出題傾向に癖がなく、まんべんなく対策しておく必要があります。社会全体としては計算問題などは後回しにして、時間のかからない問題から解いていくといいでしょう。

コメントを残す

*

*