注目の勉強方法!

 

予備校や塾、家庭教師だけでなく、オンラインやアプリによる勉強方法など近年は多用な学習スタイルがあります。

ここでは、注目の勉強方法と紹介しています!

   

武田塾医進館は医学部受験の浪人生におすすめの予備校になるのか?

医学部受験を目指す浪人生

医学部浪人をしている皆さん。

肌寒くなりいよいよ入試本番までのカウントダウンが始まってきた気がする人もいるのではないでしょうか。

半年以上浪人生活を続けてみていかがでしたでしょうか。

成績は伸びていますか?苦手意識は克服できてきたでしょうか。志望の医学部の合格診断は向上してきていますか?

今の時点でこれまでの浪人生活に自信が持てない人は冷静に勉強のやり方を見直す必要があります。

ココでは医学部受験を目指す浪人生の皆さま向けに、最後の追い込みに必要な振り返りポイントとおすすめの塾の情報をご提供します。

続きを読む

【中学英語の勉強法】主格・目的格とは?関係代名詞の使い方

関係代名詞とは

中学3年生で学ぶ関係代名詞ですが、ここでつまずいている方は多いのではないでしょうか。

使い方として「主格」と「目的格」を授業で習う、もしくは習ったかと思いますが使い分けが難しいと思います。

今回は代表的な関係代名詞の主格と目的格の意味と使い方、また日本語への訳し方についてお話ししたいと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】不規則変化とは? 比較表現の書き方とコツ

比較級最大級の語尾の変化

比較表現とは人と人もしくは物と物を比べる際に使用する表現です。

~より大きい」や「~より良い」など日本語でもよく使う表現ですよね。

これらは英語で話すときにもよく使われますし、試験でも良く出題されます。

一見簡単そうに見えて、実は意外と間違えやすい文法なのできちんと押さえておきましょう。

続きを読む

【中学英語の勉強法】受動態の意味とは? 助動詞との組み合わせ方

受動態とは

受動態とは一般的に「~される」という様に受け身の文章です。

英語の試験においては一般文の書き換えとして出てくることが多いでしょう。

また長文問題もよく出てきます。

「~される」という意味はもちろんあり一番一般的な使い方だと思いますが、会話となると「これは受動態を使って言うのか!」と気づかされることが多くあります。

意味だけでなく本質的な使い方を理解するとどのような場面でも対応できるでしょう。

続きを読む

【中学英語の勉強法】現在完了形と過去形の違いって?意味と書き方

現在完了形継続の意味

現在完了形とは過去のある一点から現在もしくはある点まで継続していたこと、どういう様な経緯を経て今はどうなっているのかを表す文法です。

中学英語の時制の最後の難関かと思いますが、混乱する原因は日本語に現在完了形にあたる表現がないからです。

今回は現在完了形のニュアンスと意味、使い方についてお話ししたいと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】might, would, could 助動詞まとめ

haveとmust使い分け

助動詞は伝えたいことのニュアンスを表現するためには必須です。

しかし、『表現が多すぎる』『イメージしにくい』という様に苦手意識がある方は多いと思います。

ですが難しく考える必要はありません。

難しく考えさせる原因は説明の仕方です。

今回は主要な助動詞の意味、使い方についてお話ししたいと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】動名詞と不定詞の違いって?

動名詞と不定詞で意味が変わる

動名詞は動詞のing形、不定詞はto + 動詞の原形で表されます。

canの文を習っていた時に、canの言いかえとして「be able to + 動詞の原形」を習ったかと思いますが、これは不定詞の用法です。

今回は動名詞・不定詞の用法、動名詞と不定詞の違いについてお話ししたいと思います。

続きを読む

【中学英語の勉強法】willとbe going toの違いとは?

will 使い方 イラスト

未来形とは「未来」という言葉が指しているように、先のことや将来のことを表現するときに使います。

つまり、主語としているものや人の行動や状態を予測するというニュアンスに近いと言えます。

それを英語で表現するためには”will”と”be going to”を使わなければなりません。

これらは両方とも「未来のことを表す」、また「予測する」という意味ですよね?

なので『”will”と”be going to”は同じ意味を持つ』と理解している人がいるかもしれませんがそれは実は少し間違いなのです。

続きを読む

【中学英語の勉強法】canの4つの意味とbe able to

オバマcan

助動詞canは中学英語の中で序盤で習い、覚えておかなければならない表現のうちの一つです。

『~できる』という意味ということは知っていると思いますが意味はそれだけではありません。

またcanと同じ『~できる』『~することができる』という意味としてbe able toがあります。

同じ意味を持ちますが文法上の表現とニュアンスが微妙に違います。

今回はcanの意味と文の作り方、そしてbe able toとの違い、be able toの使い方についてお話ししたいと思います。

続きを読む