制服が可愛い高校の偏差値は?【近畿地方セーラー服編】

セーラータイプの制服を、日本で初めて導入したのはどこの学校かご存知ですか?

セーラー制服発祥地には全国数か所で説がありますが、一説によると京都の平安女学院が大正9年(1920年)に初めてワンピースタイプのセーラー服を導入したと言われています。

しかし現代において、近畿地方でセーラー服を制服としている高校はごく少数。起源説の京都に至っては、ゼロとすら囁かれています。

今回は、数少ない近畿地方のセーラータイプの制服から、セーラーマニアの私が独断と偏見で選んだ可愛いセーラー服を、その高校の偏差値と入試方法とともに紹介します。

実は近畿では希少、セーラー服が制服の高校

セーラー 哀愁

悲しいことに、近畿地方でセーラー服を制服として採用している高校はごくわずか。

その限られたセーラー服の高校は、大抵由緒ある高校です。関東地方のセーラー事情とは異なり、創立当初からデザインの変わらない学校の制服をウリにしているためです。

つまり、大正・明治時代のデザインでも現代に至るまで少女たちの心をつかんで離さなかった制服だということがうかがえますね。

大正ロマンの香り漂うシックなセーラー【明浄学院高等学校】

大阪府にある私立の女子校、明浄学院高等学校の制服は、大正の創立以来変わらないデザインです。

大阪難波あたりではあまり珍しくないグレーの襟カバーではありますが、明浄学院の場合、夏制服の襟カバーは白いラインが、冬制服の襟カバーには紺のラインが入っていて全体的にクラシカルで可憐な印象です。

可憐な制服に加えて、ランドセルのような形状で本革製の制鞄や指定の黒いストラップシューズが合わさるとさらにかわいらしい制服です。

明浄学院の特徴としては、全国大会の常連である吹奏楽部や、運動部が有名です。卒業後の進路としては、保育や介護・看護系の道に進む人が多く、「高大7年間」のシステムを利用して大阪観光大学への内部進学という道もあります。

学校長が変わり、大きな内部改革が行われてからは風通しのいい学校になったと評判の高校です。

偏差値・入試方法

偏差値   特進:48 総合:43

入試方法 3教科学科試験 面接

ブレザーのようにセーラー服を身に着ける?【履正社高等学校】

大阪府の私立高校、履正社高等学校の制服は、夏制服は薄いグレーのブラウスに灰のスカートを合わせるセパレートタイプとワンピースを自由に選ぶことができます。

冬制服は、セーラー型ブレザーの設計で胸当てを付けるとセーラー服として、胸当てを付けずにシャツを着てブレザーとして身に着けることができます。

赤いラインが濃紺に映え、セーラー服としてもブレザーとしてもかわいらしい制服です。

履正社の特徴としては、中学からのエスカレーター組と高校から入学した生徒が混在する学校です。甲子園の出場校として有名ですが、剣道などの部活動も全国レベルの実力を持ちながら大学進学にも特化した、まさに文武両道を体現するような高校です。

偏差値・入試方法

偏差値   集約文理Ⅰ類:64 集約文理Ⅱ類:55 普通Ⅲ類:49

入試方法 5教科学科試験/4教科(社)学科試験/4教科(理)学科試験/3教科学科試験 面接

派手すぎない色合いの定番セーラー【山本高等学校】

大阪府の府立高校、山本高等学校の制服は、夏冬通して定番のセーラー服です。

しかし、普段は着用が自由であるため、好きにアレンジして身に着けることができます。シックな色合いのセーラー服の定番スタイルでありながら、大きく華やかなスカーフが目を引くようなデザインです。

山本高校の特徴としては、英語教育に非常に力を入れた学校であり、生徒の自主性を重んじる高校です。近頃はダンス部が有名で、大学進学率も高く、指定校推薦も充実しています。

何よりも、図書館の蔵書の豊富さが有名で、勉強だけではなく青春のできる高校ではないでしょうか。

偏差値・入試方法

偏差値   普通科:53

入試方法 【一般入試】5科目学科試験 【特別入試】5科目学科試験 面接/実技試験

セーラーの定義が狂うかもしれない【聖心学園中等教育学校】

奈良県にある私立の完全中高一貫校、聖心学園中等教育学校(後期課程)の制服は、独創的なデザインの制服です。

夏制服としては全国的に珍しい黒いシャツに、深い切り込みなのに2本のラインが入った角襟タイプの白いセーラーカラーが鎖骨あたりからのびています。

冬制服は一般的なセーラー服のようにV字の切り込みではなく、まるで上着として着用しているようなデザイン。夏制服と同じように角襟タイプのセーラーカラーで、どことなくブレザーのような雰囲気すら漂います。胸元は光沢ある大きめの相墨茶リボンが華やかに飾っています。

聖心学園は、京アニ作品の舞台となった高校です。

学習サポートが充実しており、著名私立大学や、京都大学等の国立大学への多くの進学実績があります。宿泊を伴う行事が多く、修学旅行ではヨーロッパ方面で10日程度宿泊するなど、自立心のある生徒を育成する行事の多い学校です。

偏差値・入試方法

偏差値   Ⅰ類:47 Ⅱ類:45 (※中学入試のみ)

入試方法 【A・C日程】4教科アラカルト/3教科学科試験 【B・D日程】2教科学科試験

Sponsored Link

伝染する可愛さ?当時のトレンドが分かる制服

地域密着型

ここで紹介する3つの高校は、はっきり言うと素人目には区別が付けられないほどに似ています。

3校都も設立が明治30年代で立地が大阪の中心部に居を構えているため、その時代の制服のスタイルとしては、一般的なモノだったことがうかがえますね。

各高校の周辺の中学校は、制服を真似ている場合が多いようで、高校に在学しているはずなのに中学生に見られてしまうのが悩みの種なんだとか。

「可愛いから真似をする」というのは、その高校が地元に愛され、親しまれている証ですね。

冬だけが水色のセーラーカラー、リボンで見分ける【清水谷高等学校】

大阪の府立高校、清水谷高等学校の制服は、夏制服は朝ドラでも登場した、真っ白なシャツに黒ラインが3本入った関西襟のベーシックなセーラー服で、小さな成型品のリボンがとても可愛いです。

冬制服は目の覚めるような「清水谷ブルー」の襟カバーが印象的で、歴史ある学校にふさわしい伝統的な制服です。

清水谷高校の特徴としては、その歴史の深さがあります。明治33年に女学校として開校されてから、大戦も経験した学校です。校内の各所に伝統が詰まった地元に愛される高校であり、関関同立や産近甲龍といった著名関西圏大学への進学率が高いです。勉強だけでない充実した高校生活を味わうことのできる高校です。

偏差値・入試方法

偏差値   普通科:62

入試方法 【一般入試】5科目学科試験 【特別入試】5科目学科試験 面接/実技試験

ビビットな色が乙女心をくすぐる【夕陽丘高等学校 普通科/音楽科】

大阪府の府立高校、夕陽丘高等学校の制服は、標準服の扱いですので必ずしも普段着用する必要は無いですが、夏冬どちらも青い襟が印象的な制服です。

夏制服はパキッとした水色のセーラーカラー、同色の小さめのタイが可愛いです。冬制服は夏と同じく彩度の非常に高い青い襟カバーと同色のタイで、その鮮やかな色合いに惹かれて入学を決める人が多いそうです。

夕陽丘高校の特徴としては、音楽専攻の学科を持つ大阪唯一の高校です。高校生活を楽しむこともできますし、親身になってくれる先生方が多いので進学の面でもかなり充実した学校です。

偏差値・入試方法

偏差値   普通科:60 音楽科:59

入試方法 【一般入試】5科目学科試験 【特別入試】5科目学科試験 面接/実技試験

冬制服だけ!勿忘草色のセーラーカラー【泉陽高等学校】

大阪府の府立高校、泉陽高等学校の制服は、これまで紹介してきた清水谷・夕陽丘と同様に水色の襟カバーの冬制服です。

夏制服は白い半袖シャツにボウタイを締めます。

泉陽高校の特徴としては、生徒間の仲も教師との仲もよい雰囲気の良い高校かと思います。明治33年を創立の年としており、かつては与謝野晶子も在籍していたという歴史的観点から見ても非常に価値の高い学校です。

関関同立や旧帝大の合格実績もあり、部活動も活気のある、文武両立した充実の学生生活が送れる高校です。

偏差値・入試方法

偏差値   普通科:67

入試方法 【一般入試】5科目学科試験 【特別入試】5科目学科試験 面接/実技試験

古臭いとは言わせない!「憧れ」のセーラー服

大和撫子

あまりにもセーラー服の件数が少ない近畿地方。

セーラー服というと、現在はセパレートタイプが主流ですが、セーラータイプの制服の起源(とされている平安女学院の制服)はワンピースタイプですよね。

「古き良きワンピースタイプのセーラー服が近畿には眠っているのではないか」そう私はひらめきました。

調べた結果、いくつかの高校にワンピースタイプの制服はありましたが、どうやらセーラーはあまり無いようです。しかし可愛い制服であるのには変わりがないので、ここでは2校だけご紹介します。

大正爛漫、未だ手折られぬ白百合の【松蔭中学校・高等学校】

兵庫県にある私立の女子校、松蔭中学校・高等学校の制服は、「憧れの白」と夏制服は呼ばれており、衣替えの度に新聞が取り上げるほどの人気を誇ります。

ウエストで黒のベルトを締め、ふわりと裾の広がるAラインのスカートから伸びる脚は華奢に見え、真っ白な夏制服は涼し気に、濃い色の冬制服は引き締まって見えます。

大正14年から続く伝統のデザインは、今も少女の心をつかみます。

松蔭高校の特徴は、歴史ある女子校としての一面と、キリスト教の精神に則った教育にあります。図書館の蔵書も施設環境も充実していますし、イベントも豊富で満足のいく学校生活が過ごせると思います。

指定校推薦の充実と附属大学への内部進学で、大抵の生徒が進学する、大学進学までを見据えた学校です。

偏差値・入試方法

偏差値   普通科:55

入試方法 【推薦入試(高校専願)】3科目学科試験 面接 

     【帰国生】2科目学科試験 作文 面接

まるでマリンルック?ハイカラ制服【芦屋学園中学・高等学校】

兵庫県にある私立の中高一貫校、芦屋学園中学・高等学校の制服は、夏服・合服・冬服と3種類あります。

どれもセーラーではありますが、夏服はセーラーワンピースで非常に可愛いです。夏制服の胸ポケットはセーラーカラーとお揃いの柄で、ウエスト部分には黒いベルトでメリハリのある清楚な制服です。

切り込みが浅い札幌襟のセーラーカラーはどの時期も黒にライン入り。夏冬はスカーフをピンでとめており、合服のみリボンになります。

芦屋学園の特徴としては、かつての女子校の名残で設備が非常に整っている点や、生徒と教師との仲が非常にいい点が挙げられます。基本的に内部進学がメインですが、もっと上の大学を目指す意欲があれば、教師陣もそれに応えてくれます。

偏差値・入試方法

偏差値   国際文化科:50 普通科特進:47 総合進学:43 アスリート:43

入試方法 【1次・1.5次(専願)】3科目学科試験 グループ面接 

     【1次・1.5次(併願)】3科目学科試験

Sponsored Link

まとめ

今回は、近畿地方の可愛いセーラー服が制服の高校を、偏差値や入試方法と合わせて紹介しました。

セーラー制服の起源と言われる京都、東京に次ぐ学校の激戦区である大阪などがあるにも関わらず数え切れる程度しか近畿地方にはセーラー服の高校がありません。

ブレザーセーラーをセーラー服と定義してしまうなら、ひょっとすると近畿地方より関東地方の方がセーラー服の高校は多い可能性があります。

今回調べてみて分かったことなのですが、「そもそも制服を着るのは式典の日だけ」とする学校が多いです。

普段自由な服装で登校が許されているから、標準服を可愛くアレンジして身に着ける。そんなことが可能な高校が増えているのは、多様性の時代にあって喜ばしいことなのかもしれません。しかしそれと同時に、生徒たちからなにかが失われているような寂しさがある気がしませんか。

コメントを残す

*

*