武田塾医進館は医学部受験の浪人生におすすめの予備校になるのか?

医学部浪人をしている皆さん。

肌寒くなりいよいよ入試本番までのカウントダウンが始まってきた気がする人もいるのではないでしょうか。

半年以上浪人生活を続けてみていかがでしたでしょうか。

成績は伸びていますか?苦手意識は克服できてきたでしょうか。志望の医学部の合格診断は向上してきていますか?

今の時点でこれまでの浪人生活に自信が持てない人は冷静に勉強のやり方を見直す必要があります。

ココでは医学部受験を目指す浪人生の皆さま向けに、最後の追い込みに必要な振り返りポイントとおすすめの塾の情報をご提供します。

<88%の生徒が偏差値11以上アップ!驚きの指導方法>

どうやってこの半年を過ごしてきましたか?

医学部受験を目指す浪人生

医学部を目指して、浪人する人、何年も浪人する人は少なくありません。

多くの医学部浪人生の人は予備校に通ったり、寮に入ったりしながら勉強生活を続けてきたと思います。

勿論、予備校や塾などに通わず宅浪している人もいるでしょう。

これまでの勉強方法を振り返り、今この記事を読んでいるということは予備校事態を検討しなおそうとしている人ではないでしょうか。

このまま同じやり方を続けて入試本番に臨むのか?

さて、今この記事を読む余裕と不安がある人は、しっかりここで医学部受験に向けた勉強方法、浪人生活を振り返ってみましょう!

今日が最後のチャンスだと思って読んでみて下さいね。

株式会社リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」
ただいま高校生限定の超お得なキャンぺーンを随時実施中です!

・どこの大学が良いか決めかねている。。
・目標大学が遠方でなかなか行けない。。
・色んな大学を比較したい!
そんな方は資料請求するのがおすすめ!

↓ 資料請求希望は下の画像をクリック ↓

株式会社リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」
ただいま高校生限定の超お得なキャンぺーンを随時実施中です!

・どこの大学が良いか決めかねている。。
・目標大学が遠方でなかなか行けない。。
・色んな大学を比較したい!
そんな方は資料請求するのがおすすめ!

↓ 資料請求希望は下の画像をクリック ↓

スタディサプリ資料請求 【 大学資料請求キャンペーンページへ 】

医学部浪人したけど成績が伸びないのはなぜ?

浪人生というのは、より良い大学、特にここでは医学部、医療系を目指し1年間勉強だけに時間を投資できるとても恵まれた学生さんがほとんどではないでしょうか。

現役生は普段の授業や部活がありますし、浪人生は一度習ってあるはずの内容を復習する過程である点からも現役生に比べて非常に有利であることは明白です。

しかし、それでも成績が伸びない医学部浪人生というのは必ずいつの時代も一定数いるのです。

どうして、この恵まれた過分にある時間を有意義に過ごせず成績が上がらないのか一緒に考えてみて下さい。

理由1:計画性がない?

恐らく普通の受験生、浪人生の人はまず計画を立ててから受験勉強を始めるのではないでしょうか。

しかし、なかなか予定通りには進まないということはよくあります。

そんな時以下の2点を振り返ってみて下さい。

①計画に余裕を持ったスケジュールを組み直す。

計画を立てましたが、思いのほか時間が掛かってしまって、予定が消化できないときあなたはどうしますか?

どうして予定通りに終わらなかったのかを冷静に落ち着いて原因を分析してみましょう。

大きな要因としては「自分の勉強ペースが想定していたより遅かった」ということが多いのではないでしょうか。

もし同じようなパターンで時間が超過しそうであれば、改めて自分の勉強ペースを考慮して、スケジュール全体を見直した方がいいでしょう。

また、一日に2時間くらいは余裕を持った計画を立てておきましょう。

もし、余ったとしても、翌日の予定を進めてしまえばいいだけなのですから。

②分からないまま計画を優先して先に進まない。

予定通りにいかなかった時に、目の前の内容が理解できていないのに無理に予定通りに進めようとすると後々分からないことが増えていく事は自明のことのはずですよね。

しかしついつい、慌てて目の前の勉強を終わらせようとしてしまうことのは、実はありがちです。

多少時間を超過してでも、目の前の問題をしっかり理解するまで取り組んでいけば、長い目で見ると大きな差が生まれているでしょう。

理由2:授業を聞いて分かった気になっている

学校は勿論、ほとんどの予備校では授業が販売されています。

予備校側はできるだけ沢山の授業を見てもらえることが利益になるため、沢山の授業を見るよう薦めてきます。

しかし、どれだけ素晴らしい授業でも本人が理解し、問題が解けるようにならないと全く意味はありません

「授業を見た、聞いただけで満足している」という部分ありませんか?

忘却曲線を理解し効率的に復習しよう!

授業を見た後に本当に理解できているのか、「何か類似の問題を解く」などして、復習をしている人は着実に伸びていきます

特に「忘却曲線」に合わせて振り返りをしている人は効率的な勉強ができているので、他の人より時間に余裕が生まれるでしょう。

「忘却曲線」とは。

例えば、ある物事を学んだ際、20分後にはまなんだことの約40%が忘れられてしまうということです。1時間後には約半分以上が忘れさられてしまうのです。

それを防ぐにはまず20分後の復習、1日後、更には1週間以内の復習できればかなりの定着が図られます。

理由3:沢山の難しい参考書を持っていることに安心してしまっている

参考書を買うと安心してしまうのも、これも多くの人が陥り勝ちの罠です。

問題集の場合、解いた量や間違えた回数など分かりやすいですが、書き込み式でない参考書の場合は、その参考書をどこまで理解できているのか非常に判断しづらいです。

なんとなーく医学部系の参考書が机の上に飾ってあったりしませんか?

置いてあるだけで満足してしまいがちですが、勿論そこに意味はありませんね。

目の前の参考書は完璧ですか?

まずは、目の前にある参考書を「完璧」にしましょう!

なかなか完璧にすることは難しいです。

しかし、一冊を完璧にすると次の参考書も大体半分以上はスラスラと答えられるでしょう。

そうなってくると自信になるはずです。

もしこれから新しい参考書を買うのであれば、苦手な分野や医学部受験系、志望大別などピンポイントに絞ったものにしましょう。

理由4:信頼できるライバルやメンターがいないから?

よく言われることですが、「受験は個人戦ではなく団体戦!」

医学部浪人生はよほど浪人制だけの予備校などに通わない限りは孤独の戦いは付き物です。

世間的にも「浪人生=高校卒業後に更に1年間、受験勉強をして更に上の大学を目指す学生」というイメージが強く、プレッシャーに感じない人も少ないのではないでしょうか。

そんな浪人生にとって、一緒に、長く孤独になりがちな1年間を共に戦ってくれるライバルや先生のようなメンターがいない人は成績も伸びにくいでしょう。

今からでも遅くない!刺激をくれる誰かを見つけよう!

やはりそんな応援し合える仲間が周りにいることで、「あいつも頑張っている、だから自分も頑張らなきゃ!」とか「いつも先生が見てくれているから頑張れる!」といった張り合いがでてくるものです。

また、自分の判断で勉強していると無駄な勉強や間違った方向に勉強していたり、非効率な勉強をし続けてしまう可能性があります。

そんな時に今すべきこと、自分だけでは目を逸らしていたことを教えてくれる人がいるといいですね。

今のやり方変えた方がいいんじゃない?

医学部で勉強する学生

いかがでしょうか。

成績が伸びない理由に思い当たる節はありましたか?

今から受験勉強の方向性を変えることは多少なりとも勇気がいるとおもいます。

しかし、今のままでは成績が上がる予感がしないのであれば、何かできることから試していきたいですね。

もう授業は受けなくてもいいんじゃない?

浪人生の中で11月の時点でまだインプットが必要な人はいないのではないのではないでしょうか。

もし、まだ基礎ができていないという人が居たとしても、分からない部分が「この教科のこの分野」とはっきりと分かっていない場合はかなりまずいでしょう。

よって、多くの浪人生はそろそろ問題演習、応用問題、過去問題をひたすら解き続けるシーズンに入っているべきでしょう。

ここで、解けない問題に対してしばらくは自分の頭で考えることは必要ですが、何時間も1人で考えるのは非効率です。

ある程度で見切りをつけて的確な指導をしてくれる講師、メンターに質問し解決していきましょう。

Sponsored Link

まだ間に合う!冬の追い込みで自信を付けよう!

もし、あなたが以下に当てはまるようでしたら、おすすめのお試し体験があります。

  • 残りの受験期間に何をしなければいけないのか自信がないあなた
  • まだまだ授業を見よう、受けようと思っていたあなた
  • 新しい参考書を買おうとしてしまっていたあなた
  • ライバルやメンターに値する人がいない孤独なあなた

どれか1つでも当てはまってしまう不安なあなたは、この受験直前でも入会金無料で最長4週間試せる「武田塾の医進館」をおすすめします!

88%の生徒が偏差値11以上アップさせたその勉強方法をあなたも学ぶことができます。

入会金が高くて今の予備校から移籍できない。。。って方には併用して学ぶきっかけになるのではないでしょうか?

ではここから詳しく武田塾進館について見ていきましょう!

武田塾医進館バナー
公式サイトはこちら!

武田塾のお試し医進館!入会金無料で最大4週間お試しできる!

武田塾医進館は医学部、歯学部、薬、獣医学部を目指す人に特化した「徹底的な個別指導」と「全問正解するまで帰れないテスト」を行っています。

特に武田塾の特徴でもある「授業をしない」ことで「自学自習」に取り組んでもらえるように指導していきます。

自習してもらう内容やスケジュールはメンターを一緒に考え、進捗確認も行っていきます。

武田塾のスケジュール管理は今のあなたの現状から合格までを逆算して組み立てられます。つまり、今のあなたの立ち位置を知ることができるのです。

「受験までの残りの期間でこれだけやらなければならない」を明確に打ち出してくれるので「どれだけやらなければいけないのかわからない」という不安な気持ちを払拭してくれます。

「やるやらないかはあなた次第」ですが、やれるように導くのが武田塾です。生まれ変わった姿を1か月後見られることでしょう。

武田塾のお試し医進館!をおすすめする理由。

改めて武田塾の医進館をおすすめするポイントを、武田塾の特徴と共にご紹介しましょう。

特徴1:授業をしない!自主学習で「できる」を目指す。

武田塾の一番の特徴は、なんといっても「授業をしない」ところです。

授業をしないなんて一体どんな塾なんだと思われるところですが、「授業を聞いて分かったと思っても、問題を解き始めると分からなくなっている」という学生はとても多いです。

武田塾は授業を聞くだけでは成績が伸びない人が多いことと向き合い、生徒が能動的に分からないところを「分かる」ようになるまで考えられる環境を提供してくれます。

また授業をしないことで、無駄な時間を省き一人一人に完全に密着したカリキュラムが組まれるので、短期間でも結果を出すことができるのです。

毎週のテストで「分かったつもり」にならない

授業を受けただけだと「分かったつもりになっている」という状態に陥り勝ちでしたね。

それを防ぐためにも毎週定期テストのようにその一週間で取り組んだ内容のテストをしています。

しかも合格しないと次の週も同じ範囲を勉強しなければ行けなくなります。

テストがあると思うことで日々の学習にも張り合いがでるのです。

特徴2:宿題のペース管理をしてくれます。

武田塾医進館では、志望校に向けての勉強方法や、対策、学習計画をアドバイスしてくれます!

そのため、ご自身に計画性がなく予定していた勉強が追い付いていないという方には、きっと武田塾はぴったりです

なぜなら武田塾では、ただ「①計画を立てる」だけでなくしっかり「②勉強の進捗を管理」してくれます。

①計画を立てる

武田塾での勉強計画は、なんと「毎日塾にくる時間と、そこで何を勉強するのか」が明確に決まっています。

何をいつまでにしていけばいいのか分かりやすいので、何を勉強すればいいのか迷う必要がありません。

②勉強の進捗を管理

塾から帰る時には毎回スタッフに学習内表を報告してもらいます。

そこで、勉強ペースや分からないところはないかなどの確認が行われ、その進捗は連絡帳に詳細に記録されます。

特徴3:参考書は一冊ずつ完璧にしていく!

武田塾の原点として、一人一人のレベルに合った参考書を1冊ずつマスターしていくことを推奨しています。

難しそうな参考書をいくつ持っていても得意な分野だけ使っていても意味はありません。

苦手な部分も含めて1冊ずつ完璧にしていくことが力になります。

参考書を自分で吸収し勉強を進めていけるようになれば、圧倒的なスピードで学習を進めることになり、効率的な学習方法になります。

分からない部分を残し、計画通りに進まない。

予定通りにいかなかった時に、目の前の内容が理解できていないのに無理に予定通りに進めようとすると後々困る事は自明のことのはずですよね。

しかしついつい、慌てて目の前の勉強を終わらせようとしてしまうことのは、実はありがちです。

多少時間を超過してでも、目の前の問題をしっかり理解するまで取り組んでいけば、長い目で見ると大きな差が生まれているでしょう。

特徴4:ライバルやメンターが見つかる

医学部受験をするにあたりやはり心の支えがどこかで必要ですよね。

武田塾では、日々スタッフや講師と密に接していきます。

これは他の予備校よりも圧倒的に接点は多いでしょう。

また、休憩室や受付の周りでは共に切磋琢磨できる仲間が集まっていることが多く、通っているとすぐに打ち解けることができるでしょう。

武田塾医進館では、生徒も医学部や獣医学部など医療系を目指している人なので、お互いに貴重な存在になるでしょう。

武田塾医進館バナー
公式サイトはこちら!

まとめ

浪人生仲間が出来て一緒に勉強

いかがでしたでしょうか。

医学部、獣医学部、薬学部などへの進学においても、基本的に勉強方法に変わりはありません

ただ、求められるレベルは間違いなく高いので、自分の能力を信じて入試本番で勉強してきた全てを出し切れる余裕が持てると良いですね。

今から予備校を変えたり新しい事を始めること自体は不安が付きまとうと思いますが、その不安も武田塾医進館にぶつけてみて下さいね。

コメントを残す

*

*