大学進学後のお金用意できていますか?
教育ローンを使えば授業料や入学金を捻出できます。

大学での費用を支援してくれる制度に奨学金がありますが、高い成績などが要求されます。
しかし、教育ローンは学力と関係なく、お金を借りられます。
また、教育ローンは他のローンよりも比較的低い利率で借入できるローンとなっています。

本ページは主に教育ローンについて紹介しています。
教育ローンと関連性の高い奨学金について詳しく知りたい方は

奨学金制度について!成績が悪くても貰える奨学金
大学進学後の学費が心配...そんな悩みを持つ受験生や親御さんも多いと思います。そこで役立つのが奨学金です。月に5~10万円ものお金が支給され、生活費や学費の補助となるのです。奨学金は、優秀な生徒限定で無償でお金が支給されるというイメージが強い...

をご覧になってください。

教育ローンとは

大学受験や大学入学、大学生活で使用するお金を対象としたローンのことです。
教育ローンは借入する期間によって二種類に分類されます。
一つ目は公的な政府系金融機関による「国の教育ローン」
二つ目は銀行や民間金融機関が行う「民間の教育ローン」です。

国の教育ローンの方が利率が低く、民間の教育ローンは利率が高くなっています。
ただ、利息が低いほど、審査が厳しくなります。
融資額は国の教育ローンの場合、ひとり最大350万円まで一括で全額貰えます。
ただ、借入翌日から利息が発生し、借入翌月から返済が開始されます。

教育ローンは名前の通りローンの一種です。
そのため、お金の借入には審査があります。
審査では成績の良し悪しにかかわらず、純粋に返済の見込みの有無が問われます。
成績が一切関係ないことが奨学金との最大の違いです。

ただ、審査には数日以上かかるうえ、受験終了後のシーズンには審査が混み合います。
ご利用時にはなるべく早めに審査申請をしましょう。

 

株式会社リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。 ただいま高校生限定の超お得なキャンぺーンを実施中です! 大学の無料パンフレット・願書などをまとめて7校以上請求するだけで、 全員に500円分の図書カードがプレゼントされます!!! 気になる大学の資料を請求して、自分の本当に行きたい大学を見つけましょう! ↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 大学資料請求キャンペーンページへ 】
Sponsored Link

教育ローンと奨学金の違い

まず、借り主が異なります。
奨学金は学生本人が、教育ローンは学生の保護者が借り主となって負担を負います。

また、返済開始時期が異なります。
奨学金は、在学中は利息が発生し返済は卒業後からとなりますが、
教育ローンは借りた日の翌日から発生し、借りた翌月から返済開始となるのです。

さらに、返済利率も異なります。
奨学金だと、1%付近の利息とかなり利率が低くなっています。
一方で、国の教育ローンだと約2%程度、民間の教育ローンだと銀行系で5%程度、
信販系で約10%程度の利率と多少割高となっています。

利息や返済利率、返済開始時期の点から奨学金制度の方が良いように思えますが、
教育ローンには多額のお金を一括で借入できるという最大の利点があります。
一括で借入できる利点は、特に、入学金や授業料の納金時に非常に助かります。

 

Sponsored Link

教育ローンの有効利用法

教育ローンは奨学金と比べ、高めの利率や利息発生時期などの点に欠点があります。
ただ、一括で多額のお金を借入できるという奨学金にない利点があります。
 

奨学金と教育ローンのメリット、デメリット
✓ 在学中は利息が発生せず利率も低いが、毎月定額でしか借入できない奨学金
✓ 奨学金は一括で多額を借入できる最大の利点を持つが、利息がすぐ発生し利率も高い。

 
奨学金と教育ローンは互いに欠点と利点が逆の相補的関係となっています。
そのため、奨学金と教育ローンのふたつを両立すると両者の利点を最大限活かせるようになります。

具体的な方法としては、なるべく奨学金を借りて、足りない分や欲しいまとまった額のみを教育ローンで借りる方法です。
この方法によって、教育ローンで>一時的なまとまったお金を、
奨学金で毎月の定期的なお金最低限の利息で得られます

 

各教育ローンでの返済シミュレーション例

ここでは、教育ローンを借りたときの月々の返済額や、返済総額などのシミュレーション例をご紹介します。
国の教育ローンの最大借入学である350万円を借りて15年間でローンを組んだ場合
各ローンの毎月の返済額、返済総額、返済総額 – 借入額を表にまとめました。
国の教育ローンは2017年11月現在の固有金利1.76%でシミュレートしました。
民間の教育ローンは銀行系では5%、信託系では10%の金利に設定してシミュレートしました。

 

教育ローン 金利 毎月の返済額 返済総額 返済総額 ‐ 借入額 国の教育ローンとの差
国の
教育ローン
1.76% 2万2300円 398万
2100円
約48万円
銀行系
(民間)
5% 2万7677円 498万
1860円
約148万円 約100万円
信託系
(民間)
10% 3万7611円 676万
9980円
約327万円 約280万円

 

上の表を見ればすぐわかるように、
国の教育ローンは民間の教育ローンよりかなり利息の少ないローンとなっています。
信託系の金利も10%と一見するとあまり高くないように思えるかもしれませんが、返済総額は元の借入額の倍程度まで膨らんでいます。
これは、毎年金利分のお金が未返済金に加算され、どんどん積み重なっていくからです。
そのため、借入額が350万円で金利が10%、返済期間が15年間だと、元の借入金額よりも約327万円も多く返済しなけらばならなくなります。

金利の増加がわすかでも、返済総額は急激に増加します。
そのため、金利の差は返済額の差にかなり影響を及ぼします。
金利の低さは奨学金や教育ローンで非常に重要となります。

コメントを残す

*

*